【岡山県1人旅】別名「晴れの国」の観光地に行って満喫してきた!

スポンサーリンク
その他

どうも、旅大好き系ブロガーのアオキアカサです。

岡山県への旅行を考えている旅行好きの皆さん!

岡山県のどこがおすすめ観光地なのか実際に行ってみた人の意見を聞きたくないですか?

今回は神奈川県から日本の中国地方をバイクに乗って旅してきた私の旅路を解説しつつ、岡山県のおすすめ観光地を紹介していきます。

この記事を読めば岡山県おすすめ観光地を知ることができ、旅行の参考になるハズなので是非最後まで読んでみてください!

岡山県について

岡山県は日本の中国地方南東部に位置する瀬戸内海に面する県で県庁所在地は岡山市です。

瀬戸内海に面した変化に富む地形と温暖で年間降水量が少ないことから「晴れの国」とも呼ばれているのが特徴な県です。

春には桜、夏には海水浴場や高原でのレジャー、秋には紅葉の名所巡り、冬にはスキーや温泉といったことから、一年を通して自然を満喫することができるのが岡山県の魅力です。

1日目

岡山県観光1日目に行った観光地は下記の場所です。

  1. 旧閑谷学校
  2. 椿山
  3. 牛窓オリーブ園
  4. 岡山後楽園
  5. 岡山城

旧閑谷学校

おすすめ度:★★★★☆

概要

旧閑谷学校は1670年に岡山藩主の池田光政により開かれた日本最古の庶民のための公立学校です。

いくつもある建造物のうち、「講堂」は国宝に指定されており、儒学の祖である孔子の像が安置されている「聖廟」などは国の重要文化財に指定されています。

住所:〒705-0036 岡山県備前市閑谷784

料金:大人400円、小・中学生100円、65歳以上200円

営業時間:9時~17時

感想

全体的に静かで落ち着いた雰囲気があり、とくに講堂はとても居心地がよく天気がいいと昼寝したくなります。

講堂の裏にある資料館には旧閑谷学校が作られるまでの歴史や学校として使われていた時の予定などを見ることができ旧閑谷学校について様々なことを知ることができます。

こんな自然に囲まれた場所で勉強ができる当時の子どもたちが羨ましいです。

椿山

おすすめ度:★★★☆☆

概要

旧閑谷学校の東隣にあるのが椿山です。

椿山には約400本近いヤブツバキが植えられており、その神々しい雰囲気の椿たちには守護の願いが込められています。

奥には池田光政の髪・爪・歯などが納められた供養塚「御納所」もあります。

住所:〒705-0036 岡山県備前市閑谷784

料金:無料

営業時間:9時~17時

感想

奥にある御納所まである椿のトンネルは人が歩く道だけ綺麗に空いていて、とても神秘的でした。

私が行ったときには椿があまり咲いていなかったのですが、それでも少し不思議な雰囲気のあるトンネルで行って良かったなと感じました。

次は椿が沢山、咲いている時に行ってみたいですね。

牛窓オリーブ園

おすすめ度:★★★★★

概要

国内最大規模のオリーブ園で「日本のエーゲ海」と呼ばれている牛窓を一望できるのが牛窓オリーブ園です。

服部和一郎という岡山県の商人が第二次世界大戦中に「オリーブは栄養もよく、薬用にもなり、灯火にもなり、自然も守る」と言い、岡山の丘にオリーブ畑を作ったのが始まりです。

現在は約10ヘクタール(東京ドーム約2.14個分)にも及ぶ敷地に約2000本のオリーブの成木を栽培しています。

住所:〒701-4302 岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓412-1

料金:無料

営業時間:9時~17時

感想

オリーブ園自体が丘の上にあるので見晴らしがよく、外にベンチがいくつもあってとてものんびりできるよい空間でした。

牛窓オリーブショップの2階にあるカフェはオリーブ園と牛窓を窓から一望でき、そこで食べられるたいちごのテリーヌは絶品です。

次は1日使ってピクニックとしてのんびり過ごしてみたいです。

岡山後楽園

おすすめ度:★★★★★

概要

日本三名園の1つで、国の特別名勝に指定されているのが岡山後楽園です。

岡山後楽園は藩主のやすらぎの場として、岡山藩2代藩主池田綱政が家臣の津田永忠に命じて、1687年に着工、1700年に完成させた庭園です。

住所:〒703-8257 岡山市北区後楽園1-5

料金:大人(15~64中高生除く)410円、シニア(65~)140円

営業時間:7時30分~18時(3/20~9/30)、8時~17時(10/1~3/19)

感想

やはり日本三名園と呼ばれているだけあって、物凄く綺麗な庭園で都会の真ん中にこんなにも広々な静かで落ち着いた空間があるとは思いもしませんでした。

そして、園内には岡山城が見えるスポットがあったり、手入れの行き届いた広々とした庭園が散歩を楽しませてくれます。

岡山城

おすすめ度:★★★★☆

概要

別名「烏城」や「金烏城」とも呼ばれているのが岡山城です。

戦国時代、天下人となった豊臣秀吉に身内並みに厚遇されて大大名となった宇喜多秀家が、秀吉の指導を受けて築城し、8年の歳月を費やして1597年に完成させた城です。

「白鷺城」とも呼ばれている姫路城と対比されることがあります。

住所:〒700-0823 岡山県岡山市北区丸の内2-3-1

料金:大人320円、小人(小中学生)130円

営業時間:9時~17時30分

感想

岡山城は頭の悪い私でも黒色をメインとした外壁のおかげで、他の城との区別がしやすく、とても覚えやす城だなと感じました。

内装はかなり近代化していて、あまり城の中だという感じはしませんでしたが、岡山城に関する資料や展示物がいくつも置いてあったので歴史好きな人は行ってみて損はしないハズです。

2日目

岡山県観光2日目に行った観光地は下記の場所です。

  1. 吉備津彦神社
  2. 吉備津神社
  3. 鷲羽山
  4. 備中松山城

吉備津彦神社

画像

おすすめ度:★★☆☆☆

概要

桃太郎のモデルとなった吉備津彦命を祭る神社が吉備津彦神社です。

吉備の中山は古来より神が宿るとされる山「神体山」として崇められており、そんな神体山の裾の大吉備津彦命の住居跡に社殿が創建されたのが起源と考えられています。

岡山県随一のパワースポットと言われており、金運アップのご利益がある場所です。

住所:〒701-1211 岡山市北区一宮1043

料金:無料

営業時間:6時~18時

感想

桃太郎伝説で有名な吉備津彦神社は私が行った時は人が少なくて雰囲気自体は居心地が良かったのですが、どこかこじんまりとしていました。

徒歩で行ける距離に吉備津神社があるので、バイクを吉備津彦神社の駐車場に止めたまま吉備津神社に行き、少しだけですが運動不足の解消になりました。

吉備津神社

画像

おすすめ度:★★★☆☆

概要

昔話「桃太郎」のルーツとなった大吉備津彦命と温羅の伝説がいくつも残っているのが吉備津神社です。

室町幕府第3代将軍である足利義満が造営を開始したと言われ、本殿は日本で唯一の比翼入母屋造で別名「吉備津造」とも呼ばれている。

当社と吉備津彦神社は主祭神に、当地を治めたとされる大吉備津彦命を祀り、命の一族を配祀している。

住所:〒701-1341 岡山県岡山市北区吉備津931

料金:無料

営業時間:5時~17時30分

感想

神社自体は普通によくある神社でしたが、裏にある回廊は本当に素晴らしくて何度も同じような写真を撮ってしまいました。

やはり吉備津神社には裏の回廊がある分、吉備津彦神社よりも行って良かったなと思えました。

もし、どちらか片方だけ行けるとなったら吉備津神社に行くことをおすすめします。

鷲羽山

画像

おすすめ度:★★★★★

概要

北東側から遠望すると鷲が羽を広げたように見えることから名付けられた山が羽鷲山です。

瀬戸内海国立公園の代表的な景勝地であり、羽鷲山の山頂である鍾秀峰からは瀬戸内海に点在する島々や瀬戸大橋を一望することができます。

住所:〒711-0925 岡山県倉敷市下津井田之浦

料金:無料

営業時間:24時間営業

感想

無料駐車場のすぐそばに展望台があり、そこからも瀬戸内海などを眺めることができます。

しかし、少し歩いて山を登ると、もっと高い位置から瀬戸内海などを眺めることができるので、絶対に山を登ることをおすすめします。

たぶん瀬戸内海の島々や瀬戸大橋を高い位置から美しく一望できるのは鷲羽山だけです。

備中松山城

画像

おすすめ度:★★★☆☆

概要

現存天守12城の中で唯一の山城で、天空の山城とも呼ばれているのが備中松山城です。

備中松山城の前身である城は、すでに鎌倉時代から建てられており、当時の地頭である秋庭重信が臥牛山に砦を築いたのが始まりとされています。

住所:〒716-0004 岡山県高梁市内山下1

料金:大人500円、小中学生200円

営業時間:9時~16時30分

感想

営業時間が過ぎてしまい城の中には入ることができませんでしたが、備中松山城の周りを探索することができ、意外と小さい城だなという印象がありました。

少し距離がある所に備中松山城を観れる展望台があるのですが、距離が遠すぎてスマホのカメラでは綺麗を写真に撮ることができませんでした。

でも展望台からの備中松山城はたしかに天空の山城でした。

岡山県1人旅の出来事

一日目の朝にバイクの鍵が折れてしまい、鍵穴から鍵を取り出したり、鍵屋さんを待ったりして、かなりの時間を無駄にしてしまったので予定通りに観光することができませんでした。

しかし、「今は中国地方を旅をしている」と鍵屋さんに言ったら少し値段を安くしてくれたので良かったです。

食事は朝は何も食べず、昼はCoCo壱番屋でチキンカツカレー、夜はカップメンの蒙古タンメンを食べました。

二日目は特にトラブルなどはなかったのですが、鷲羽山ですれ違った子どもに「ここ、なんか臭い」と言われてしまい、もしかしたら私のせいで臭いのかもと思い、銭湯でいつも以上に体を綺麗に洗いました。

食事は朝と昼は何も食べず、3時にカフェでいちごのテリーヌ、夜はセブンの豚ラーメンを食べました。

行けなかった観光地:湯原温泉、奥津渓、井倉洞、倉敷美観地区

最後に…

ここまでこの記事を読んでいただきありがとうございました!

岡山県の観光地を知ることはできましたか?

今回紹介した場所以外にも岡山県には多くの観光地があるので、少しでも気になる場所があったら、是非行ってみてください!

この記事を読んでアドバイスや感想がある方はTwitterのリプやDMまでお願いします。

中国地方旅路録

中国地方・・・広島県、山口県、島根県、鳥取県

コメント