【広島県1人旅】戦争・平和について深く考える観光をしてきました。

スポンサーリンク
その他

どうも、旅大好き系ブロガーのアオキアカサです。

広島県への旅行を考えている旅行好きの皆さん!

どこがおすすめ観光地なのか実際に行ってみた人の意見を聞きたくないですか?

今回は神奈川県から日本の中国地方をバイクに乗って旅してきた私の旅路を解説しつつ、広島県のおすすめ観光地を紹介していきます。

この記事を読めば広島県おすすめ観光地を知ることができ、広島旅行の参考になるハズなので是非最後まで読んでみてください!

広島県について

広島県は日本の中国地方中央部に位置し、瀬戸内海に面する県で県庁所在地は広島市です。

広島県は原子爆弾を投下された数少ない場所であり、平和の大切さや戦争の悲惨さを教えてくれる平和都市としても世界的に有名な場所です。

また、広島市という中国・四国地方最大の都市があるにも関わらず、海や山といった自然にも恵まれているという特徴がある県です。

1日目

広島県観光1日目に行った観光地は下記の場所です。

  1. 天寧寺
  2. 尾堂本通り商店街
  3. 千光寺
  4. 猫の細道
  5. 大和ミュージアム

天寧寺

画像

おすすめ度:★★★☆☆

概要

尾道の由緒ある7つの寺「七佛めぐり」の一つともされているのが天寧寺です。

1367年に尾道に住む豪商の道円の発願により、二代将軍足利義詮が尊師の意志を継いで建造し、普明国師を請して開山されました。

住所:〒722-0033 広島県尾道市東土堂町17-29

料金:無料

営業時間:9時~16時30分

感想

天寧寺自体には特に感想はないのですが、そこに行くまでの道のりがどこか懐かしい雰囲気のある道だったのでとても印象に残りました。

また、重要文化財でもある天寧寺三重塔はよくある塔だったせいかとくに印象には残りませんでしたが、前にある五百羅漢は像の数が526体もあり、尚且つすべての像の表情がそれぞれ違うことを知り、圧倒されてしまいました。

尾堂本通り商店街

画像

おすすめ度:★★★★☆

概要

尾道駅の近くにある全長約1.2kmもあるアーケード街が尾堂本通り商店街です。

歴史の長い商店街なので、どこかレトロで昭和な雰囲気が漂い、5つの通りで構成されていることから様々な専門店や隠れ家的なカフェがいくつもある商店街です。

住所:〒722-0035 広島県尾道市土堂2-3-19

料金:無料

営業時間:店舗により異なる

感想

尾堂本通り商店街は「ザ・昭和の商店街」で少し閉店してしまっている店もありましたが、それでもまだ営業しているお店や観光客が多くて賑わっていました。

広島観光1日目の昼飯で尾堂本通り商店街の中にある多くのラーメン屋の中から、尾堂ラーメン麺屋壱世というラーメン屋に行き、背脂の浮いたあっさり醤油スープとツルツルの細麺がよく絡んでいて、かなり美味しかったです。

千光寺

画像

おすすめ度:★★★★☆

概要

大宝山の中腹にあり、境内から尾道市を一望できるのが千光寺です。

806年に創建された千光寺は珍しい舞台造りの朱塗り本堂があり、この本堂は別名「赤堂」とも呼ばれ、林芙美子も放浪記の中で「赤い千光寺の塔が見える」と書かれています。

住所:〒722-0033 広島県尾道市東土堂町15-1

料金:無料

営業時間:9時~17時

感想

千光寺にはロープウェイで行ったのですが、尾道全体を見渡すことができ、素晴らしい景色を見ながら千光寺へ行くことができました。

そして、千光寺ではくさり山という昔の人がやってた修行を体験することができ、頂上まで登ると本堂とはまた違った景色を見ることができて楽しかったです。

猫の細道

画像

おすすめ度:★★★★★

概要

猫の細道とは東土堂にある招き猫美術館から天寧寺三重塔にかけてひっそりとある、約200mの細い路地のことです。

1998年に作家の園山春二が生み出した福石猫という神社でお祓いを受けた丸い石に猫を描いたモノをこの路地に置き始め、この愛称で呼ばれるようになりました。

現在では猫の細道に100以上もの福石猫があると言われています。

住所:〒722-0033 広島県尾道市東土堂町19-26

料金:無料

営業時間:24時間営業

感想

名前で「猫の細道」と言っているように本当に細い道が続いており、普通の猫や福石猫がいたるところにいて、猫好きにはたまらないスポットでした。

また、ちょうど3時くらいだったので、猫の細道にある「梟の館」という喫茶店でコーヒーとケーキを注文し、昭和の雰囲気に浸っていました。

大和ミュージアム

画像

おすすめ度:★★★★☆

概要

大和ミュージアムとは日本一の海軍工廠として栄えた呉市の歴史や造船技術を紹介している博物館です。

呉市は戦艦「大和」を建造した軍港であり、現在は館内に10分の1スケールで再現された戦艦「大和」の巨大模型が展示されています。

住所:〒737-0029 広島県呉市宝町5-20

料金:一般500円、高校生300円、中・小学生200円

営業時間:9時~18時

感想

大和ミュージアムでは戦艦「大和」以外にも様々な戦艦や戦闘機の模型を見ることができ、それらの歴史や造られた背景を知れるのでとても興味を持ってしまいました。

近くにあるアレイからすこじまでは本物の潜水艦を間近で見ることができ、運が良ければ出入港を見ることができるらしいのですが今回は見ることができず、そこだけが残念でした。

2日目

広島県観光2日目に行った観光地は下記の場所です。

  1. 原爆ドーム
  2. 平和記念公園
  3. 広島城
  4. 厳島神社

原爆ドーム

画像

おすすめ度:★★★★★

概要

原爆ドームとは広島県に投下された原子爆弾の悲惨さを現代に伝えるために残された被爆建造物です。

戦争の悲惨さや平和の尊さ、世界平和を訴えかけようとする市民が一丸となって働きかけた結果、1996年に世界遺産へ登録されました。

住所:〒730-0051 広島県広島市中区大手町1-10

料金:無料

営業時間:24時間営業

感想

原爆ドームは昔から学校の授業などで教科書に載っている写真を何度も見ていたので、それを初めて生で見れたのでとても良い経験になったし、想像よりも小さくてびっくりしました。

原爆の影響で建造物がここまで溶けてしまうことに衝撃を受け、戦争を体験していない私でも戦争の恐ろしさを知ることができました。

平和記念公園

画像

おすすめ度:★★★★★

概要

平和記念公園とは原爆死没者の慰霊と世界恒久平和を祈念して、原子爆弾爆心地の近くに建設された公園です。

公園内には原爆ドームを始め、広島平和記念資料館、原爆死没者慰霊碑、国立広島原爆死没者追悼平和祈念館、平和を願うモニュメントが多数配置されています。

住所:〒730-0811 広島県広島市中区中島町1-1

料金:無料

営業時間:24時間営業

感想

平和記念公園は広島に行ったら全体に行こうと決めていた場所で、公園としてはとても綺麗で居心地の良い空間でしたが、やはりどこか悲しい感じがしていました。

平和記念公園内にある資料館にも行って、第二次世界大戦の歴史について深く知ることができ、戦争は本当に良くないことだと改めて思うことができました。

広島城

画像

おすすめ度:★★☆☆☆

概要

豊臣政権五大老の一人である毛利輝元によって1589年に築城されたのが広島城です。

1945年までは天守を始め、城郭建築が現存していたが、太平洋戦争末期にアメリカ軍の原子爆弾投下で倒壊してしまい、現在あるのは再建されたものになっています。

住所:〒730-0011 広島県広島市中区基町21-1

料金:大人370円、高校生180円

営業時間:9時~18時(3月~11月)、9時~17時(12月~2月)

感想

広島城天守には「意外と小さいな」くらいしか感想はなかったのですが、他のお城とは違い外壁の中に入れたりできたので記憶には少し残りました。

それに、この城へ行く直前に食べたお好み焼きうどんが美味しすぎて、そっちの方が記憶に残ってしまい、これといった感想がありません。

厳島神社

画像

おすすめ度:★★★★☆

概要

厳島神社は古くから島そのものが神として信仰されていた厳島(宮島)にある神社です。

厳島は日本三景の一つ「安芸の宮島」と呼ばれており、厳島神社の平舞台は日本三舞台の一つに、そして海上の大鳥居は日本三大鳥居の一つに数えられています。

住所:〒739-0588 広島県廿日市市宮島町1-1

料金:大人300円、高校生200円、中・小学生100円

営業時間:6時30分~18時くらい

感想

フェリーに乗って厳島に行ったのですが、海上の大鳥居が工事中でよく写真で見ることができる厳島神社とは少し違う感じがしてしまい、私の中では厳島神社に行ったという気分にはなれませんでした。

厳島でのんびり散歩をしていると豊国寺というお寺もあることを知り、行ってみたのですが、とにかく広々としていて、居心地が良かったのでここで昼寝してみたいと思ってしまいました。

広島県1人旅の出来事

1日目は朝から雨が降っていて、雨の中最初の観光地である福山城に行ったら改装工事中で福山城を観光することができませんでした。

食事は朝は何も食べず、昼は尾堂本通り商店街で尾堂ラーメンを食べて、3時に梟の館というカフェでコーヒー休憩をして、夜はカップ麺のカレーを食べました。

2日目は原爆ドームや平和記念公園といった原爆の悲惨を学ぶような場所をメインに観光して、改めて戦争のない平和の素晴らしさを実感した。

食事は朝は何も食べず、昼は近くのお好み焼き屋でお好み焼きうどんを食べて、3時に厳島の出店の牡蠣を食べて、夜はファミチキと焼きおにぎりと塩おにぎりを食べました。

行けなかった観光地:福山城、弥山

最後に…

ここまでこの記事を読んでいただきありがとうございました!

広島県の観光地を知ることはできましたか?

今回紹介した場所以外にも広島県には多くの観光地があるので、少しでも気になる場所があったら、是非行ってみてください!

この記事を読んでアドバイスや感想がある方はTwitterのリプやDMまでお願いします。

中国地方旅路録

中国地方・・・岡山県、山口県、島根県、鳥取県

コメント