【新入生必見】大学サークルに所属するメリット6選・デメリット4選

スポンサーリンク
その他

こんにちわ、現役大学生のアオキです。

いきなりですが、大学の楽しみの一つと言えばサークル活動ですよね!

今回はそんなサークルのメリット・デメリットを紹介してから、失敗しないサークルの選び方を解説していきます。

この記事を読めばあなたが「所属してよかったな」と思えるサークルに巡り合えるハズなので是非最後まで読んでみてください。

サークルについて

大学のサークルというのは高校の部活のようなモノで、学生が集まって何かをする団体のことです。

しかし、高校の部活とは違い、練習や会議などのサークル内のイベントへの参加は基本的に自由で、何かを目指すというよりは楽しむことを目的とする団体が多いです。

メリット

サークルに入るメリットは下記の6つのことが挙げられます。

  • 友人・恋人ができる
  • 交友関係が広くなる
  • 就活の時に役立つ
  • 学校の情報を入手できる
  • イベントを楽しめる
  • コミュ力が身につく

友人・恋人ができる

サークルに入るメリット1つ目は友人や恋人ができることです。

なぜならサークルに所属すると自分と同じような趣味の人が集まっているので話がしやすく、サークル内などのイベントで関わることが多いからです。

また、サークル内で気の合う男女が恋人にまで発展するのは珍しいことではありません。

なので、サークルに所属すると友人や恋人ができやすいのです。

交友関係が広くなる

サークルに入るメリット2つ目は交友関係が広くなることです。

なぜならサークルというのは先輩も後輩も所属しているからです。

また都心の大学だと地方から上京して、通いに来ている人も多いので、様々な地域の人と交友関係も持つことができます。

なので、サークルに所属すると様々な地域の交友関係が広がるのです。

就活の時に役立つ

サークルに入るメリット3つ目は就活の時に役立つことです。

なぜならサークルに入ることによってその活動で、自分が何を学んで、何を得たのかという話のネタができるからです。

サークルは真面目に活動すればするほど就活の時の話のネタができます。

なので、サークルに所属すると就活の時に話のネタとして役立つのです。

学校の情報を入手できる

サークルに入るメリット4つ目は学校の情報が入手できることです。

なぜならサークルには同じ学科の先輩や同じ授業の履修者が所属していることが多いからです。

同じ学科の先輩がいるとテストの過去問や楽単を教えてくれて、同じ履修者がいると休んでしまった時のレジュメを教えてくれます。

なので、サークルに所属するとネットには載っていない学校の情報が入手できるのです。

イベントを楽しめる

サークルに入るメリット5つ目はイベントを楽しめることです。

なぜならサークルに所属すると何かしらのイベントが必ずあるからです。

毎週サークルの飲み会があったり、サークル内での大会や遊びなどのイベントがあったりと大学生らしいイベントが沢山あります。

なので、サークルに所属すると学生らしいイベントを楽しめるのです。

コミュ力が身につく

サークルに入るメリット6つ目はコミュニケーション能力が身につくことです。

なぜならサークルに所属すると先輩や後輩はもちろんのこと、サークル活動を通して様々な人とコミュニケーションをとる機会があるからです。

サークルに入らないと先輩や後輩ですら話す機会がありません。

なので、サークルに所属するとコミュニケーション能力が身につくのです。



デメリット

サークルに入るデメリットは下記の4つのことが挙げられます。

  • お金がかかる
  • 時間が取られる
  • やめにくい
  • 人間関係が面倒

お金がかかる

サークルに入るデメリット1つ目はお金がかかることです。

なぜならサークルというのは会費、合宿費、飲食代など様々なことでお金がかかってしまうからです。

特に大学生は理由もなく飲み会を開くので飲食代が以外とかかり、お金に余裕がある学生以外はバイトとの両立を考えなければなりません。

なので、サークルへ所属する前にお金がいくらくらいかかるのか考えるようにしましょう。

時間が取られる

サークルに入るデメリット2つ目は自分の時間が取られることです。

なぜならサークルに所属すると週に1回以上はサークルへ行かないといけないというサークルが多いからです。

またサークル内の付き合いで、行きたくもない飲み会にも行かなくてはいけない場面があるのでそれでも自分の時間が取られてしまいます。

なので、自分の時間との両立がしやすいサークルを探すようにしましょう。

やめにくい

サークルに入るデメリット3つ目は一度入るとやめにくくなることです。

なぜならサークルをやめるとそのサークル内でできた友人とは微妙な関係になってしまうことがあるからです。

たまにサークルをやめても関係が変わらない友人もいますが、ほとんどの場合は微妙な関係になってしまう友人の方が多いです。

なので、サークルを辞める時はなるべく円満にやめるようにしましょう。

人間関係が面倒

サークルに入るデメリット4つ目は人間関係が面倒くさくなる可能性があることです。

なぜならサークル内で誰かが付き合ったり、分かれたりすると今までの関係が壊れてしまうことがあるからです。

特にサークル内同士の恋人が別れると同じサークル内の仲間も気を使うことになり、そこでの人間関係が面倒になります。

なので、サークル内で付き合う場合は慎重に相手を見極めるようにしましょう。

失敗しないサークルの選び方

失敗しないサークルの選び方は下記の3つの手順で選ぶことです。

  • 新歓へ行ってみる
  • やりたいこと
  • 周りからの評価・噂

手順1 新歓へ行ってみる

「飲み会で乾杯!」の写真[モデル:たけべともこ]

失敗しないサークルの選び方の手順1は新歓へ行ってみることです。

新歓というのは新入生歓迎会のことで、ほとんどのサークルが新入生が入学してから1ヶ月以内にこの新入生歓迎会を行っています。

そして、ここでなるべく多くの新歓に参加して、様々なサークルの雰囲気などを観察しながら、自分に合っていそうなサークルをいくつか決めるようにしましょう。

手順2 やりたいこと

「顎に手を当てて考える女性」の写真[モデル:にゃるる]

失敗しないサークルの選び方の手順2はやりたいサークルを選ぶことです。

いくつか自分に合っていそうなサークルを決めたら、次は自分がやりたいことをしているサークルを選ぶようにしましょう。

新歓の雰囲気だけで決めたサークルは基本的に続かないので、ここでは自分がやりたい活動をしているサークルを選ぶのです。

手順3 周りからの評価・噂

「この会社の評価は星2つです」の写真[モデル:大川竜弥]

失敗しないサークルの選び方の手順3は周りからの評価や噂を確認することです。

所属したいサークルを決めたら、最後にそのサークルの周りからの評価や噂を確認してみるのです。

ここでヤリサーだったり飲みサーだったりすると後悔してしまうので、そのサークルの評価や噂を確認するようにしましょう。

まとめ

ここまでこの記事を読んでいただきありがとうございました!

大学のサークルに入りたくなりましたか?

サークルというのは大学生活を楽しむための重要なモノなので、少しでもサークルに所属したい気持ちがあるのなら絶対に何かしらのサークルに所属することをおすすめします。

この記事を読んでアドバイスや感想がある方はTwitterのリプやDMまでお願いします。

大学関連の記事

眠気が一気に消える!|学校の授業で居眠りをしないための対策6選

オンライン授業の問題点とその改善方法6選|大学生の悩みを解決!

現役のFランコロナ大学生が語る!大学生のリアルな平日と休日の日常



コメント