サーフェスを使用者最大の悩み⁉タイプカバーの汚れを防ぐ+隠し方

スポンサーリンク
体験

こんにちは、サーフェスを使用続けて1年以上経つアオキアカサです。今回はサーフェスのタイプカバーについての記事を書いてみました。

Microsoftのサーフェスを使用している皆さん…

タイプカバーのパームレスト部分の汚れが気になったりしていませんか?

今回はそのタイプカバーの汚れを隠すためにタイプカバーを塗装してみたので、それについての記事を書いてみました。

この記事を読めばサーフェスのタイプカバーの汚れを隠すことができるようになるので、是非最後まで読んでみてください!

サーフェイスについて

画像

サーフェス(Surface)とはWindowsが開発し、Microsoft社が販売しているタブレットのことです。

一般的なタブレットとは異なり、前面の画面カバー(タイプカバー)の裏がキーボードとなっているので、ノートパソコンのように使用することができます。

しかし、このサーフェスのタイプカバーには大きな問題点があり、パームレスト部分が超汚れてしまう欠点があります。

汚れる原因

サーフェスのタイプカバーが汚れてしまう原因は主に2つあります。

  • タイプカバーの素材
  • 手の汚れや手垢

タイプカバーの素材

サーフェスのタイプカバーが汚れてしまう原因1つ目はタイプカバー自体の素材に原因があります。

サーフェスのタイプカバーの素材はアルカンターラという耐久性・耐水性が高く、自動車の内装にも使われているような素材でできています。

しかし、このアルカンターラという素材は長時間使用すると汚れてしまう欠点があります。

なので、こまめに掃除をするような人ではないとすぐに汚れてしまうのです。

手の汚れや手垢

サーフェスのタイプカバーが汚れてしまう原因2つ目は手の汚れや手垢に原因があります。

当たり前かもしれませんが手が汚い状態でキーボードを触れば汚れます。

また、もし手が綺麗な状態でキーボードを使用したとしても目には見えない手垢がキーボードに付着して汚れてしまいます。

なので、タイプカバーを使用する前に手を洗わないと汚れてしまうリスクがあるのです。

汚れを事前に防ぐ方法

このタイプカバーの汚れを事前に防ぐには3つの方法が挙げられます。

1つ目はタイプカバー自体にカバーをすること、2つ目はこまめにタイプカバーを掃除すること、3つ目は使用する前に手を清潔な状態にすることが挙げられます。

そして、2つ目の「こまめにタイプカバーを掃除すること」にはMicrosoft社から推奨されているやり方があります。

タイプカバーの掃除方法

通常のお手入れ

水で薄めた中性洗剤で湿らせた糸くずの出ない白い布か、スクリーンクリーニングワイプを使って、必要に応じて汚れを拭き取ってください。

染み抜き

糸くずの出ない白い布を見ずで薄めた中性洗剤で湿らせて、円を描くようにして優しく拭き取るようにしてください。

また、水と中性洗剤(ハンドソープなど)を2対1の割合で混ぜて使用し、薄い色の清潔な布で乾拭きしてください。

タイプカバーを塗装してみた

画像

タイプカバーの汚れが落ちそうもなく、困っている人は塗装してみるのはどうですか?

今回は私のサーフェスのタイプカバーが汚かったので、実際に塗装してみようと決めってやってみました。

必要な物

タイプカバーを塗装するのにあたって必要な物は下記の4つです。

  • 染めQスプレー(染めたい色)
  • マスキングテープ
  • 新聞紙
  • 箱(タイプカバーを覆えるもの)

塗装手順

1.タイプカバーのキーボード部分や塗装したらヤバそうな部分をマスキングテープで保護する

2.スプレー1回目:新聞紙を敷いて、全体がある程度塗れるまでスプレーで軽く吹く

3.塗装が乾くまで箱をかぶせて埃や塵が付かないようにする

4.スプレー2回目:全体が綺麗に塗れるまでスプレーを吹いて厚塗りする

5.また、塗装が乾くまで箱をかぶせて埃や塵が付かないようにする

6.終わり

完成

画像

完成した感じ、私の中では意外とキレイに塗れたかなと感じています。

しかし、壊れる心配をしてマスキングを余分にしてしまい、変に塗れなかった部分があるので、そこだけ少し気になってしまいました。

でも、パームレスト部分の汚れをある程度隠すことができたので塗装してよかったなと思います。

まとめ

ここまでこの記事を読んでいただきありがとうございました!

キーボードの塗装方法を知るることはできましたか?

今回紹介したキーボードの塗装は私の完全オリジナルの方法で、今のところ壊れたり塗装が剥がれるということはないのですが、塗装によって一応壊れる可能性があるので注意して塗装してください。

もし塗装をして壊れたとしても自己責任なので、気をつけて塗装してください!

記事を読んでアドバイスや感想がある方はTwitterのリプやDMまでお願いします。

コメント