誰でも簡単にポジティブ思考になれる⁉ポジティブになる7つの方法

スポンサーリンク
明るい人その他

どうも、どちらかというとネガティブ思考のアオキアカサです。

ポジティブ思考に憧れているネガティブ思考の皆さん!

今回はネガティブ思考について解説してから、ポジティブ思考になれる方法を7つ紹介していきます。

この記事を読めばポジティブ思考になれるハズなので、是非最後まで読んでみてください!

ネガティブ思考になる原因

暗い部屋でひとりぼっち女子の写真

ネガティブ思考になってしまう代表的な原因は主に4つあります。

  • 自分に自信がない
  • 人間関係や環境
  • 時間を持て余している
  • セロトニン不足

自分に自信がない

ネガティブ思考になってしまう原因1つ目は自分に自信がないことが挙げられます。

自信がないと人というのは基本的に自己肯定感が低いので、「絶対、できない」「どうせ、失敗する」といったマイナスなことばかり考えてしまいます。

その結果、心配性になりすぎてしまい、ネガティブ思考になってしまうのです。

人間関係や環境

ネガティブ思考になってしまう原因2つ目は人間関係や環境によるモノが挙げられます。

周りに人の愚痴ばかり言う人やネガティブなことばかり言う人が多い環境にいるとその人たちの思考が自分にまで入り込んできます。

その結果、他人のネガティブ思考が伝染してしまい、自分までネガティブになってしまうのです。

時間を持て余している

ネガティブ思考になってしまう原因3つ目は時間を持て余していることが挙げられます。

忙しい時は余計な事や悩み事を考える暇もなく、動いているのでネガティブ思考になることがありません。

しかし、暇な時間があるとどうしても答えの見つからないことについて一人で悩んでしまい、ネガティブ思考になってしまうのです。

セロトニン不足

ネガティブ思考になってしまう原因4つ目はセロトニン不足が挙げられます。

セロトニンというのは感情のコントロールや神経の安定に影響を働く脳内伝達物質の一つで、このセロトニンの分泌が不足していると不安感が強くなってしまいます。

その結果、精神が不安定になってしまい、ネガティブ思考になってしまうのです。

ネガティブ思考も大事

上記ではネガティブ思考の原因を解説し、ネガティブ思考は悪いことのように紹介してしまいましたが、私自身は「そんなことない!」と考えています。

例えばネガティブ思考のおかげで、常に謙虚な姿勢で他人と関わることができ、何か失敗してしまっても素直に反省することが出来ます。

また、ネガティブ思考は最悪な状況を考えることが出来るので、様々なリスクを避けることだって出来るようになります。

なので、私はネガティブ思考をしないようにするのではなく、ポジティブ思考と両立できるようにするのが一番だと私は考えています。

ポジティブ思考のメリット

ポジティブ思考のメリットは主に下記の4つがあります。

  • 自信がつく
  • ストレスが少ない
  • 何にでも挑戦できる
  • 明るい環境にできる

自信がつく

ポジティブ思考のメリット1つ目は自分に自信がつくことです。

なぜならどんな失敗も前向きに捉え、成長への第一歩と考えることができ、成功体験が多くなるからです。

成功体験が多くなればなるほど人というのは自分に自信が付きます。

なので、ポジティブ思考だと自分に自信がつくのです。

ストレスが少ない

ポジティブ思考のメリット2つ目はストレスに感じることが少ないことです。

なぜなら何事も肯定的に考えることができるので、普通の人がストレスに感じてしまうこともプラスに解釈することが出来るからです。

例えば仕事で失敗して、上司に怒られたとしても「成長を期待されている!」と考えることが出来れば、怒られたことにストレスを感じませんよね。

なので、ポジティブ思考だとストレスが少なくなるのです。

何にでも挑戦できる

ポジティブ思考のメリット3つ目は何にでも挑戦できるようになることです。

なぜならどんな過酷な挑戦だとしても失敗するイメージではなく、成功するイメージばかり考えているからです。

また、何か挑戦を失敗しても、その失敗を糧に成功するまで再度挑戦をすることができます。

なので、ポジティブ思考だとなんにでも挑戦することが出来るのです。

明るい環境にできる

ポジティブ思考のメリット4つ目は周りを明るい環境にできることです。

なぜなら人の思考というのは他人へ伝染するので、ポジティブ思考が1人いるだけで周りも伝染してポジティブ思考が増えるからです。

ポジティブ思考が増えれば、自然とその場の雰囲気や環境が明るくなってくるハズです。

なので、ポジティブ思考だと周りを明るい環境にできるのです。

ポジティブ思考になる方法

向日葵畑の中で花を持った女性の写真

ポジティブ思考になる方法はたくさんありますが、私は下記の8つの方法が簡単でおすすめしています。

  • ポジティブ思考の人と一緒にいる
  • 他人の良い所を見つける
  • 感謝や挨拶をしっかりする
  • 筋トレをしてみる
  • 成功体験を増やす
  • 太陽の光を浴びる
  • 睡眠をしっかりとる
  • ネガティブ思考を受け入れる

ポジティブ思考の人と一緒にいる

ポジティブ思考になる方法1つ目はポジティブ思考の人と一緒にいることです。

上記で説明しているように思考というのは伝染します。

なので、ポジティブ思考の人と一緒にいることで、自分もポジティブ思考になれるハズです。

他人の良い所を見つける

ポジティブ思考になる方法2つ目は他人の良い所を見つけることです。

どんなことでも考え方を変えれば、他人の悪い所も良い所に変えることができます。

例えば「ビビりな性格」も考え方を変えれば「慎重な性格」と考えることができます。

そして、他人の良い所をたくさん見つけることができれば、きっと悪い所も良い所へと考え方を変えることができるようになり、ポジティブ思考になれるハズです。

感謝や挨拶をしっかりする

ポジティブ思考になる方法3つ目は感謝や挨拶をしっかりすることです。

感謝や挨拶をすることで、他人からも感謝や挨拶されることが増えより良い人間関係を築くことができるようになります。

そして、他人から感謝や挨拶をされることで幸福感を高めることができ、自己肯定感も上げられるので、ポジティブ思考になれるハズです。

筋トレをしてみる

ポジティブ思考になる方法4つ目は筋トレをしてみることです。

ネガティブ思考の原因となってしまうセロトニン不足ですが、筋トレをすることによって、このセロトニンの分泌量を増加させることができます。

また、筋トレをすることで自分の肉体の変化に自信を感じることができ、ポジティブ思考になれるハズです。

成功体験を増やす

ポジティブ思考になる方法5つ目は成功体験を増やすことです。

人というのは成功体験をすることで自分に自信をつけていきます。

なので、どんなに小さな成功体験でも達成感を積み重ねていくことで自分に自信をつけることができ、ポジティブ思考になれるハズです。

太陽の光を浴びる

ポジティブ思考になる方法6つ目は太陽の光を浴びることです。

「筋トレをする」と同様に太陽の光を浴びることでセロトニンを分泌することが出来るようになります。

なので、どんなに暗い状況になってしまっても太陽の光をしっかり浴びていれば、ポジティブ思考になれるハズです。

睡眠をしっかりとる

ポジティブ思考になる方法7つ目は睡眠をしっかりとることです。

睡眠不足でいると自律神経が不安定になってしまい、ネガティブ思考になってしまいます。

しかし、睡眠をしっかりとることで自律神経を整えることができるので、ポジティブ思考になれるハズです。

ネガティブ思考を受け入れる

ポジティブ思考になる方法8つ目はネガティブ思考を受け入れることです。

上記で説明をしているようにネガティブ思考は決して悪いことではありません。

ネガティブ思考も自分であると受け入れることで「ネガティブ思考な自分」を責める必要がなくなり、ポジティブ思考になれるハズです。

まとめ

ここまでこの記事を読んでいただきありがとうございました!

簡単にポジティブ思考になれる方法を知ることはできましたか?

ネガティブな自分も、ポジティブな自分も、どちらも自分なのでこの記事を読んでポジティブ思考になれてもネガティブ思考を忘れないようにしましょう!

この記事を読んでアドバイスや感想がある方はTwitterのリプやDMまでお願いします。

コメント