オンライン授業の問題点とその改善方法6選|大学生の悩みを解決!

スポンサーリンク
学校

オンライン授業の問題点について悩んでいる方へ

その改善方法を知りたくないですか?

今回はそのオンライン授業の問題点とその改善方法を紹介していきます。

この記事を書いている私は、大学に入学した瞬間からオンライン授業だったので、その問題点が何なのか身に染みて理解しています。

※是非最後まで読んでみてください!

オンライン授業について

オンライン授業とはインターネットを介して授業を受けることです。

主にパソコンやスマホを使って授業に参加してます。

現在、コロナウイルスの影響により、多くの大学がこの「オンライン授業」という学習形態を使っています。

そしてオンライン授業というのは今年から始めた大学が多く様々な問題点を抱えています。

< 暇な時間で企業に挑戦 >

オンライン授業というのは今までの対面授業に比べて自由に使える時間が多いですよね。

そんな時間を使って企業を目指してみませんか?

詳しく知りたい方はこちらをクリック!

問題点・改善方法

オンライ授業の問題点・改善方法は下記の6つです。

  • 一方通行
  • 課題
  • 集中力
  • 友達
  • ネット環境
  • 暇な時間

一方通行

ノートに書く女性

オンライン授業の問題点1つ目は授業が一方通行になってしまうことです。

なぜなら授業の大半が先生たちが事前に用意した資料や録画した動画を観ながら行う授業になっているからです。

このような授業だと私たち生徒側からの質問などが授業中に一切できないです。

また、先生側も生徒の状況がわからないので自分の感覚で授業を進めるしかありません。

改善方法

改善方法はzoomやGoogle Meetを使った授業を増やしてもらうしかありません。

なぜならコロナの影響で学校に直接登校して、授業を受けることが非常に難しいからです。

そして先生も生徒も顔を出して授業を受ける方法がzoomやGoogle Meetを使った方法しか考えられないからです。

なので、zoomやGoogle Meetを使った授業を増やしせば改善できるのです。

課題

個人事業者が事業を廃止した場合における4つの提出書類の内容&書き方(手引付き)

オンライン授業の問題点2つ目は課題が多いことです。

なぜならオンライン授業の出席確認方法が何かの課題を提出して出席を取るというモノだからです。

私は今年から大学生なので課題が多いという実感はありませんが、例年と比べると課題が多くなっていると私の通っている大学の先輩方はTwitterで呟いていました。

改善方法

改善方法は出席確認の方法を課題提出ではなく、授業のアンケートに答えるというものに変えてもらうことです。

なぜなら何かを提出しないと出席にならないのだから、その提出物をわざわざ課題にするのではなく授業のアンケートに変えれば生徒側も2~3分時間を使えば終わるので、生徒への負担も減るからです。

なので、出席確認方法をアンケートに答えれば改善できるのです。

集中力

フリー写真, フリー写真, CC0 写真, 人物(写真), 女性(写真), アジア人女性, 若い女性, ポートレイト, 日本人, シリーズ(546), ショートヘア, 大学生, 勉強(学習), 考える, 顎に指を当てる

オンライン授業の問題点3つ目は集中力を保つのが難しいことです。

なぜならオンライン授業は家で授業を受けることが基本になるので特に緊張感を持つことができず、ついスマホをいじってしまったり、面倒くさくなって後で授業を受ければいいやとなってしまうからです。

私も最初の方は真面目に、時間通りに授業を受けていましたが徐々に大学のオンライン授業に慣れてくると「夜や土日でいいや」となってしまうことがありました。

改善方法

改善方法は授業時間にzoomやGoogle Meetを繋げるようにすることです。

なぜならzoomやGoogle Meetを繋げている状態ならば、絶対に授業時間に参加していないとできないことだからです。

このようにすればオンライン上ではありますが、少しは緊張感をもって授業を受けることができるようになります。

なので、授業時間にzoomやGoogle Meetを繋げるようにできれば改善できるのです。

友達

「今日も寂しくぼっち飯」の写真[モデル:河村友歌]

オンライン授業の問題点4つ目は友達ができないことです。

なぜならオンライン授業というのは常に1人で受けるものなので、同じ大学の人と関わる機会が非常に少なく、友達ができにくいからです。

私は大学に入学して同級生とオンライン授業の一環で少し会話をしたことはありますが、友達と呼べるような人は1人もいません。

改善方法

改善方法はオンライン授業の1つにグループを作り、前期か後期のすべての授業で一緒にさせることです。

なぜならこのようにすることで、会話をしないといけない状況を強制的に作れて、その状況が半年も続けば自然と友達になっていると考えられるからです。

このようにすれば生徒同士でLINEも交換することができているので、プライベートでも会話をすることが増え、生徒の不満も減ると思います。

なので、オンライン授業の1つに前期か後期の期間ずっと一緒のグループ活動を追加するれば改善ができるのです。

ネット環境

インターネットの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

オンライン授業の問題点5つ目はネット環境に左右されることです。

なぜならオンライン授業はネット環境が充実していることが前提で行われるからです。

私は一度だけネットが繋がらなくなりGoogle meetに入ることができなくなり、10分遅刻して入ったら自己責任ということで遅刻になってしまいました。

改善方法

改善方法はもう少し学校側がルールを緩くすることです。

なぜならこれに関してはその人の家の状況によって、変わってくるからです。

このように少しルールを緩くすることで、ネット環境が不安定な人でも少しは救いの余地ができるので、理不尽に減点されることが減ると思います。

なので、学校側が課題やオンライン授業の出席についてのルールを緩くすることが改善になるのです。

暇な時間

「業務用の掛け時計」の写真

オンライン授業の問題点6つ目は暇人扱いされてしまうことです。

なぜならオンライン授業は家で授業を受けるので、周りからしたらただ部屋から出ないニート大学生と思われてしまい暇人扱いされるからです。

私も父親に「どうせ暇なんだから家の手伝いをしろ!」と言われますが、先ほども述べたように課題が多いのでとても暇ではありません。

改善方法

改善方法は家族にしっかり「課題が多すぎて暇なじゃない、むしろ時間が足りない!」と話すことです。

なぜならこのような問題は学校側ではなく生徒の家族間の問題なのでしっかり話し合ってみれば、簡単に解決することができるからです。

このように家族にしっかり話せば、ある程度はわかってくれるハズです。

なので、しっかり家族に話してみるのです。

まとめ

ここまでこの記事を読んでいただきありがとうございました!

オンライン授業の問題点とその改善方法を知ることはできましたか?

今年からオンライン授業が始まったことで学校側も試行錯誤しながら、やってくれていることなのであまり学校を責めるのはやめて、改善されるのを待つことにしましょう。

記事を読んでアドバイスや感想がある方はTwitterのリプやDMまでお願いします。

大学関連の記事

コメント