デリバリーバイトがおすすめな理由は⁉メリット8選・デメリット4選

スポンサーリンク
バイト

大学生や高校生の皆さん…世の中に健全で時給が高く、楽なバイトがあることを知っていますか?

そのバイトとは「デリバリーバイト」です!

今回は私がなぜ、こんなにもデリバリーバイトをおすすめするのか、デリバリーバイトのメリット・デメリットを解説しながら紹介していきます。

この記事を読めば、あなたもデリバリーバイトの良さに気付くことができるので是非最後まで読んでみてください!

デリバリーについて

まず最初にデリバリーというのは注文を受けた食品を自宅や会社まで届けることです。

ラーメンやピザはもちろん、今では多くの飲食店が行っているサービスの1つです。

そして、デリバリーの多くはバイトで雇われた人たちがお届けしています。

私もデリバリーのバイトをしているのですが誰にでもおすすめできる良いバイトです。

※デリバリーバイトの求人はこちらをクリック!

メリット

デリバリーバイトのメリットは下記の8つです。

  • お客さん
  • サボる
  • 時間
  • 時給
  • チップ
  • 人数
  • 昼間
  • まかない料理

お客さん

「店頭販売スタッフは接客のスペシャリスト」の写真[モデル:八木彩香 あまのじゃく]

デリバリーバイトのメリット1つ目はお客さんとの関わりが最小限な点です。

なぜならデリバリーバイトがお客さんと関わるタイミングが食品を届けて、お金を受け取る時だけだからです。

なのでコンビニのような面倒くさそうな人でもお金を受け取る時しか関わらないので、特にストレスに感じるようなことが無いのです。

私の感覚ですが基本的にデリバリーを注文する人の民度はコンビニのお客さんと比べた時、圧倒的に民度は高いです。

サボる

「うっすらと空が映り込む iPhone 12 の背面部分」の写真

デリバリーバイトのメリット2つ目は適度にサボることができる点です。

なぜならデリバリーというのは届ける時間に個人差があるので、少しサボっていても周りからは全然気にされないからです。

なので早めに食品を届けて、少しスマホをいじっていても、サボりがバレることが一切ありません。

私も毎回、早めに食品を届けて、少しバイクの上でスマホをいじってから次のお届け先へ行っています。

時間

「電波時計(8時をお知らせ)」の写真

デリバリーバイトのメリット3つ目は時間経つのがあっという間に感じる点です。

なぜならデリバリーバイトというのはその勤務内容からわかるように勤務時間のほとんどがバイクの運転だからです。

そして、不思議なことにバイクや車の運転中というのは時間があっという間に感じます。

なのでデリバリー以外のバイトの場合は5時間勤務が苦痛かもしれませんが、デリバリーのバイトの場合は5時間があっという間に感じてしまいます。

私や一緒にデリバリーを始めた友人は最初にデリバリーバイトをしたときに時間があっという間に感じすぎて驚きました。

時給

「厚みのある給与袋(現物)」の写真

デリバリーバイトのメリット4つ目は普通のバイトと比べた時、時給が少し高い点です。

なぜならデリバリーバイトというのは一応バイク(原付)の運転をしないといけないので事故の可能性を加味しているからです。

なのでデリバリーバイトというのは事故などの可能性から他のバイトと比べた時に普通のバイトより時給が少し高い店舗が多いのです。

私がバイトしている店舗も時給が1100円くらいで、とても稼げます。

チップ

「お年玉を手渡すおじいさん」の写真[モデル:まーちゃん]

デリバリーバイトのメリット5つ目はたまにお届け先のお客さんからチップが貰える点です。

なぜならたまにお届け先のお客さんが「お釣りは上げるよ!」とか「これチップね!」と言ってお金やお菓子をくれることがあるからです。

バイトの時給以外でお金がもらえるのは日本だとデリバリーくらいです。

なのでデリバリーバイトをしているとたまに優しいお客さんがチップをくれるという臨時収入があるのです。

ついでに私は正月にお届け先の知らないおじいさんからお年玉として1000円もらえました。

シフト

「フードデリバリーの商品受け渡し」の写真

デリバリーバイトのメリット6つ目は人数が少ないのでシフトが入りやすい点です。

なぜならコロナの影響でデリバリーの需要が高まってきているのに、現在デリバリーバイトの人数が足りていない状態だからです。

これは私が現在バイトしている店舗の店長が言っていた情報なので、かなり信憑性が高い情報です。

なので入りたいシフトの日には80%以上の確率で自分がお願いした通りのシフトにしてくれるのです。

昼間

「空を覆う雲に隠れた太陽」の写真

デリバリーバイトのメリット7つ目は昼間が暇な点です。

なぜならデリバリーというのは基本的に夕方から夜の時間帯に注文されることが多いからです。

なので昼間はのんびりポスティングをしたり、閉店後にもやるのに調理場を掃除したり、バイト友達と普通に話したりして、とても暇なのです。

昼間というのは私が働いているバイト先では休憩を取って眠ることが許されているくらい、暇な時間です。

まかない料理

「もやしマシマシラーメン」の写真

デリバリーバイトのメリット8つ目はまかないでデリバリーの料理が食べられる点です。

なぜなら食品を扱うバイト先では基本的にまかないが出されることが普通なので、デリバリーも同じようにまかないが出されるのです。

なのでデリバリーバイトはまかないが食べられるので、普段高くて食べられないデリバリーの料理を食べることができるのです。

私が働いているバイト先では閉店まで働いた人だけにあまった料理や廃棄の食品を無料でもらえるということがあります。

デメリット

デリバリーバイトのデメリットは下記の4つです。

  • 原付免許
  • 住所・裏道
  • 繁忙期
  • 雨の日

原付免許

「原チャで来ました」の写真[モデル:村田裕章]

デリバリーバイトのデメリット1つ目は原付の免許が必要不可欠な点です。

なぜならデリバリーのバイトは原付を運転して、食品を届けるので必然的に原付の免許が必要になるからです。

しかし、これに関しては自転車で食品を届ける店舗も一応あるので、絶対に免許が必要というわけではないです。

住所・裏道

「新宿のビル群(上空)」の写真

デリバリーバイトのデメリット2つ目は住所や裏道を覚えるのが大変な点です。

なぜならデリバリーというのはなるべく早くお客さんに食品を届けないといけないので、裏道を使って渋滞を避けながらスムーズに届ける必要があるからです。

しかし、これに関しては最初だけ覚えるのが大変なだけで、普通にバイトをしていると自然に覚えられるので慣れると苦になりません。

繁忙期

「ビッグサイトから見えるお台場パレットタウンの大観覧車」の写真

デリバリーバイトのデメリット3つ目は繁忙期が混み過ぎて忙しい点です。

なぜならお盆休みやクリスマスなどはデリバリーを注文する人がいつもの倍以上になるからです。

なのでお盆休みやクリスマスは店長に「なるべく出勤するように!」と最初の方に言われます。

私が働いているバイト先ではクリスマスは24日か25日のどっちかは絶対に出勤するようにと言われていました。

雨の日

「大雨で大忙しのタクシー」の写真

デリバリーバイトのデメリット4つ目は雨の日が辛い点です。

なぜならデリバリーというのはバイクを使用して移動するので、例え屋根付きのバイクだとしても体が雨などで濡れてしまうからです。

なので身体の体温が下がっていき、バイクの運転中の風も相まって、非常に寒くなりとても辛いのです。

解決策でカッパや耐水系の衣類を着ればある程度は水を弾けますが寒いのは変わりないです。

Q&A

デリバリーバイトでよくある質問に解答していきます。

Q1 高校生からでも働けるの?

A1 高校生からでも全然、働けます。

実際に私が働いているデリバリーのバイト先では大学生と高校生が同じくらい働いています。

Q2 迷子になった場合はどうするの?

A2 スマホという便利な道具があるので、迷子になることがありません。

また、お届け先の住所がわからなくなってもスマホのマップを見ればすぐにわかります。

ついでにGoogleマップよりYahoo!マップの方が細かく番地まで載っているので、始めたばかりの人でも絶対に届けることができます。

Q3 バイト中に事故をしてしまったら?

A3 交通事故や車両が故障してしまった場合は基本的にバイト先が負担をしてくれます。

しかし、スピード違反や無免許運転などの運転手、本人が課せられてしまった罰金は自腹で払わないといけません。

しかし、これに関しては日頃から安全運転を心がけていれば特に問題ありません。

まとめ

ここまでこの記事を読んでいただきありがとうございました!

デリバリーバイトをしてみたくなりましたか?

今回、紹介したデリバリーバイトというのはデメリットがしっかり存在していますが、それがどうでもよくなるくらいのメリットがあるので、デリバリーバイトをして後悔することはないと私は思います。

※デリバリーバイトの求人はこちらをクリック!

記事を読んでアドバイスや感想がある方はTwitterのリプやDMまでお願いします。

バイト関連の記事

コメント