2021年原付・小型バイクのかっこいい、かわいいおすすめ20選!

スポンサーリンク
その他

どうも、バイク好きのアオキアカサです。

高校生になって原付バイクの免許を取得したけど、何の原付バイクがおすすめなのかってわかりませんよね?

今回はバイク好きな私が原付バイクのおすすめを排気量とかっこいい・かわいい別に20台紹介してから、失敗しない原付バイクの選び方を解説していきます。

原付について

原付というのは「原動機付自転車」の略で16歳から免許を取得することができます。

そして、そんな原付には一種と二種に分けられています。

原付一種も原付二種も高速道路に乗ることはできませんが主に5つの違いがあります。

排気量

原付一種は50㏄までのバイクを運転することができますが、原付二種は125㏄までのバイクを運転することができます。

法定速度

原付一種は法定速度30 km/hまでですが、原付二種は法定速度60 km/hまで出すことができます。

二段階右折

原付一種は三車線以上の交差点を右折する時に二段階右折をしないといけませんが、原付二種はそれをする必要がありません。

二人乗り

原付一種は二人乗りをすることができませんが、原付二種はシートが二人用ならば二人乗りすることができます。

免許の取得方法

原付一種は免許センターへ行って、1日あれば免許を取得することができますが、原付二種は教習所に入校しないと免許を取得することができません。

原付バイクのデザイン

原付バイクには様々なタイプがあり、今回は下記の5種類について解説していきます。

  • スクーター
  • ネイキッド
  • フルカウル
  • ミニバイク
  • カブシリーズ

スクーター

画像

出典元:YAMAHA

実用性に特化し、座って運転をすることができるタイプがスクーターです。

スクーターの特徴として、ほぼ座っているようなライディングポジションとシート下にある収納スペースが挙げられます。

ギア操作を必要としないAT車が多く、通勤通学に最も適したバイクと言えます。

ネイキッド

画像

出典元:HONDA

日本のバイクで最もスタンダードと言えるタイプがネイキッドです。

ネイキッドバイクの特徴として、バイク全体を覆うカバーが存在せず、エンジン部分がむき出しになっていることが挙げられます。

バイクの教習車に使われることが多いなため、初心者にも親しみやすいデザインのハズです。

フルカウル

画像

出典元:SUZUKI

スポーティーなデザインと派手なカラーリングの多いタイプがフルカウルです。

フルカウルバイクの特徴として、速く走ることを追求しているので、高い走行性能を持つバイクが非常に多いことが挙げられます。

最近ではスポーティーなデザインと圧倒的なスピードから、若い人からの人気を多く集めています。

ミニバイク

画像

出典元:KAWASAKI

125㏄以下で小さいサイズながらギアチェンジが必要なタイプがミニバイクです。

ミニバイクの特徴として、車体が小さくて軽いため取り回しが非常に楽で、小回りが利くことが挙げられます。

魅力的なバイクが沢山あり、カスタムパーツが比較的安くて、豊富なのでカスタム目的で購入する人が多いです。

カブシリーズ

画像

出典元:HONDA

カブシリーズとはHONDAから販売されている「カブ」の名前が付いているバイクのことです。

カブシリーズの特徴として、実用性に特化した装備、圧倒的な燃費、ギアチェンジがリターン式というのが挙げられます。

その実用性から郵便配達や新聞配達に使われているので、日本の代表的なバイクの1つと言ってもいいハズです。

原付一種のメリット・デメリット

原付一種のメリット・デメリットは下記のことが挙げられます。

メリット

メリット

原付一種のメリットは下記の3つが挙げられます。

  • 免許取得が簡単
  • 車体が安い
  • 燃費が良い

免許取得が簡単

原付一種のメリット1つ目は免許取得が簡単な点です。

なぜなら、原付一種の免許は運転免許センターで50点満点の試験を受けて、45点以上で合格すればいいだけ(神奈川県の場合)だからです。

また、車の免許や小型バイク以上の免許を取得していればわざわざ原付一種の免許を取得することなく運転することができます。

車体が安い

原付一種のメリット2つ目は車体が安い点です。

なぜなら、原付一種は新車でも価格が15万円から20万円くらいで、中古なら10万円以下で購入できるだからです。

高校生とかなら友達や先輩から5万円以下で譲ってくれる場合だってあります。

私も人生初のバイクは友人から3万円で譲り受けたバイクでした。

燃費が良い

原付一種のメリット3つ目は燃費が良い点です。

なぜなら、バイクというのは30km/hから40km/hくらいで走るのが一番燃費が良いと言われているからです。

なので、制限速度が30km/hの原付一種は強制的に燃費が良くなる速度で走ることになっているのです。

デメリット

デメリット

原付のデメリットは日本の交通に関する法律の制約が多い点です。

例えばどんな道路でも法廷速度が30km/hまでだったり、三車線以上の道路や二段階右折の標識があるところでは二段階右折をしなければならないなどが挙げられます。

また、日本では二人乗りも50㏄超からでないとできないので、原付一種での二人乗りは交通違反になります。

原付一種のおすすめバイク

原付一種のおすすめバイクは下記の5台が挙げられます。

  • Dunk
  • レッツ
  • ジョルノ
  • ビーノ
  • スーパーカブ50

かっこいい:Dunk

画像

出典先:HONDA Dunk

主要諸元

価格218,900 円
燃費75.3 km/L
シート高730 mm
車両重量81 kg

おすすめポイント

  • 角ばっている個性的なデザイン
  • ボリューム感のあるヘッドライト
  • 標準でアクセサリーソケットの装備

レビュー

無骨なデザインだが、質感の高い印象を合わせ持つ原付バイクです。

個性を象徴するスクエアなデザインはウインカーと一体型のLEDテールランプ、クリアレンズによる透明感あるデザインで、視認性を配慮するとともに精悍なリアビューを演出している。

シンプルさと存在感の融合したボディーに組み込まれたボリューム感のあるヘッドライトと窮屈感とは無縁な広い足回りが便利さと快適さにこだわっているのがわかります。

かっこいい:レッツ

画像

出典先:SUZUKI レッツ

主要諸元

価格166,100 円
燃費66.0 km/L
シート高695 mm
車両重量70 kg

おすすめポイント

  • 現行販売中の原付バイクで一番安い
  • 軽くて取り回しが楽
  • 可もなく不可もない無難なデザイン

レビュー

「使いやすく、本当にいいものを…」というコンセプトで生まれた原付バイクです。

レッツは原付バイクの中で車重がトップクラスで軽く、シート高も低めなので取り回しがしやすく筋力があまりない方でも簡単に扱うことができます。

低価格ですが、とても使いやすく、積載量もそれなりにあるので、学生の方や原付初心者の方におすすめでき、無難なデザインなので盗難される心配もほとんどありません。

かわいい:ジョルノ

画像

出典先:HONDA ジョルノ

主要諸元

価格198,000 円
燃費80.0 km/L
シート高720 mm
車両重量81 kg

おすすめポイント

  • 丸みのある可愛らしいデザイン
  • ファッショナブルなカラーバリエーション
  • 坂道もグイグイ登れるeSPエンジン

レビュー

上品でシックな個性派スタイルの可愛らしい原付バイクです。

やさしい曲線と丸みをおびたデザインが作り出すシルエットに、シックなニュアンスカラーを組み合わせた上品なスタイルをしていて、大人っぽさも、可愛さも、兼ね備えているバイクです。

デザインもイタリアのバイクであるベスパに似ていて、ちょっとレトロな感じがあり、可愛らしいデザインをしているので女性の方におすすめな原付バイクです。

かわいい:ビーノ

画像

出典先:YAMAHA ビーノ

主要諸元

価格203,500 円
燃費80.0 km/L
シート高720 mm
車両重量81 kg

おすすめポイント

  • 丸みのあるジョルノに似たデザイン
  • レトロバイクの雰囲気がある
  • 女性にもおすすめできる

レビュー

女性ライダーをターゲットにした丸みのあるデザインでとても可愛らしい原付バイクです。

ヤマハならではのレトロ感あふれるデザインに、明らかに女性ライダーをターゲットにした丸みのあるボディですが、見た目によらずエンジンが力強く、坂道でもストレスなく快適に走ることができます。

ゆるキャン△というマンガにも出てくる原付で、そのマンガを読んでいると「一度はこの原付に乗ってキャンプに行ってみたいなぁ~」となります。

かわいい:スーパーカブ50

画像

出典先:HONDA スーパーカブ50

主要諸元

価格236,500 円
燃費105.0 km/L
シート高735 mm
車両重量96 kg

おすすめポイント

  • とにかく燃費が良い
  • 昔からほぼかわらないリアルレトロなデザイン
  • 丸みのあるデザインが女性にもおすすめ

レビュー

買い物から通勤通学まで、様々な状況に対応することができる原付バイクです。

昔からあるカブらしいデザインを継承しているスーパーカブ50は燃費が非常に良く、実用性に特化している素晴らしい原付バイクです。

ホンダから販売されているロングセラーバイクで、エンジンが頑丈で壊れにくく、実用性の高いレッグカバー、頑丈で幅広い荷台、そして昔ながらのデザインはまさに誰もが認める「世界のカブ」ですね。

原付二種のメリット・デメリット

原付二種のメリット・デメリットは下記のことが挙げられます。

メリット

メリット

原付二種のメリットは下記の3つが挙げられます。

  • 原付一種の制限がない
  • コスパ最強
  • 意外と車種が多い

原付一種の制限がない

原付二種のメリット1つ目は原付一種の制限がない点です。

なぜなら、原付二種は50㏄超なので日本の交通に関する制約から外れるからです。

なので、一種で課せられていた法定速度30km/h、二段階右折、二人乗り禁止の制約がすべてなくなります。

これが原付二種最大のメリットですね。

コスパ最強

原付二種のメリット2つ目はコスパ最強な点です。

なぜなら、原付二種は本体価格の割に性能が非常に高く、一年間にかかる維持費も安いからです。

原付二種の自賠責は一種と同じ料金で、任意保険もファミリーバイク特約で入ることができます。

車種が多い

原付二種のメリット3つ目は意外と車種が多い点です。

なぜなら、最近のバイク業界で最も熱いと言われている排気量が原付二種(125㏄)だからです。

なので、最近では昔に販売されていた原付一種のバイクを排気量を上げて、原付二種にしてから再販することが増えてきています。

2021年現在だと、モンキー125がコレに当てはまりますね。

デメリット

デメリット

原付二種のデメリットは下記の2つが挙げられます。

  • 走れない道がある
  • 免許が必要

走れない道路がある

原付二種のデメリット1つ目は走れない道路がある点です。

なぜなら、原付二種は法定速度30km/h、二段階右折、二人乗り禁止の制約がなくなっても高速や自動車専用道路に乗ることは日本の法律で禁止されているからです。

もし、原付二種のようなバイクで高速や自動車専用道路を走りたいのなら排気量150㏄のバイクをおすすめします。

免許が必要

原付二種のデメリット2つ目は免許が必要な点です。

なぜなら、原付二種は一種と違い車の免許を取得しても乗ることがでず、小型自動二輪免許以上が必要だからです。

しかし、原付二種が乗りたいかと言って小型自動二輪免許を取るのではなく、あまり値段が変わらない自動二輪免許を取得することを私はおすすめしています。

原付二種のおすすめ

原付二種のおすすめバイクは下記の15台が挙げられます。

  • PCX
  • NMAX
  • シグナスX
  • アドレス125
  • CB125R
  • GSX-R125
  • グロム
  • Z125 PRO
  • CT125・ハンターカブ
  • クロスカブ110
  • リード125
  • トリシティ125
  • モンキー125
  • スーパーカブ C125
  • スーパーカブ110

かっこいい:PCX

画像

出典先:HONDA PCX

主要諸元

価格348,700 円
燃費54.6 km/L
シート高764 mm
車両重量130 kg

おすすめポイント

  • 悪い点が見当たらない
  • 流麗で伸びやかなフォルム
  • 塊感ある力強いデザイン

レビュー

非の打ち所がなく、2020年で最も売れた小型バイクです。

流麗で伸びやかなフォルムを基調とし、特徴的なボディーカバーの有機的な曲面とカラーリングが生む光と影のコントラストにより、先進感とプレミアム感を演出しています。

ハンドリングが軽く、リアサスペンションがダブルなので安心感がすごくあり、スタイリッシュなデザインがさらにその存在感を引き立てていますね。

かっこいい:NMAX

画像

出典先:YAMAHA NMAX

主要諸元

価格357,500 円
燃費50.5 km/L
シート高135 mm
車両重量127 kg

おすすめポイント

  • スポーティーなデザイン
  • 所有感を満たしてくれる大きさ
  • 高性能エンジン「BLUE CORE

レビュー

ヤマハ「MAX」シリーズのアイデンティティを受け継いだ小型バイクです。

MAXシリーズのスポーツ性の際立つスタイリングを継承し、フィット感のあるライディングポジション実現するとともに十分なクッション厚を備える2段シートが二人乗りでの居住性に配慮されている。

デザインの良さと車体の立派さで所有感を満たし、新型ブルーコアエンジンはパワーと燃費の両立した夢の次世代エンジンで、クラス初の可変バルブを武器として持っています。

かっこいい:シグナスX

画像

出典先:YAMAHA シグナスX

主要諸元

価格335,500 円
燃費43.3 km/L
シート高775 mm
車両重量119 kg

おすすめポイント

  • スクーターなのにスポーティーなスタイル
  • 発進加速性能と燃費性能が優れている
  • シャープでアグレッシブなデザイン

レビュー

スポーティーなスタイリングで様々な環境にも対応できる万能な小型バイクです。

走る、止まる、曲がるなどの基本性能がしっかりしていて小型バイクならではの快速と軽快なハンドリング、そしてメットインの容量など、とても完成されたバイクです。

加速性能が非常に良く、低速から高速へスームーズに加速していくので知らない間にスーッと滑らかに加速していくので、誰にでも扱いやすそうですね。

かっこいい:アドレス125

画像

出典先:SUZUKI アドレス125

主要諸元

価格225,500 円
燃費52.0 km/L
シート高745 mm
車両重量109 kg

おすすめポイント

  • 他の125㏄に比べて値段が安い
  • 快適性と実用性にこだわっている
  • コストパフォーマンスが高い

レビュー

毎日使えるスクーターを目指して生まれたスズキの代表的な小型バイクです。

スタイリッシュであることはもちろん、快適性や実用性にもこだわっており、小さくて軽く造られたエンジンは燃焼効率上昇のため混合気の最適な流れを計算して設計されています。

小さな車体、軽量な車重、取り回しや押し歩きが楽、燃費もいいが長距離には向いているとは言い難いので、使用用途が近距離や裏道がメインの場合は最高のバイクとなります。

かっこいい:CB125R

画像

出典先:HONDA CB125R

主要諸元

価格456,500 円
燃費53.0 km/L
シート高815 mm
車両重量127 kg

おすすめポイント

  • カフェレーサーのようなデザイン
  • 凝縮感のあるプロポーション
  • 値段通りの豪華装備

特徴

ホンダ「CB-R」シリーズの末弟である小型バイクです。

エンジンやマフラーを中心部に集中配置することで生み出される、凝縮感のあるダイナミックなプロポーション、そして上質なライディングフィールを視界から乗る物に根源的な楽しさを与えます。

原付二種というカテゴリーの中で軽快に走り、乗りやすく、扱いやすいので最もバランスが良い小型バイクと言われています。

かっこいい:GSX-R125

画像

出典先:SUZUKI GSX-R125

主要諸元

価格393,800 円
燃費48.2 km/L
シート高785 mm
車両重量134 kg

おすすめポイント

  • スポーツタイプの小型バイク
  • GSX-Rの名に相応しいエンジンと車体
  • 中型バイクのような大きさ

レビュー

軽さ、走行性能、スタイルどれをとっても申し分なく全体的にバランスが良い小型バイクです。

GSX‐R125のダイヤモンドフレームは、ねじり剛性と軽さを兼ね備え、高い安定性とコーナリングでの軽快な操作性を両立しています。

スズキのバイクですが安っぽさが全くなく、このバイク一台で所有間を満たしてくれて本格的なスポーツバイクを体験することができます。

かっこいい:グロム

画像

出典先:HONDA グラム

主要諸元

価格385,000 円
燃費63.5 km/L
シート高761 mm
車両重量102 kg

おすすめポイント

  • 他にはない斬新なスタイル
  • コンパクトで近代的なデザイン
  • カスタムパーツが豊富

レビュー

遊べると使えるを上手く両立した他にはない小型バイクです。

斬新なデザインと凝縮感あるフォルムがタフな走りを予感させ、シャープな面と線を基調としたアグレッシブなデザインによりフロントマスクの精悍さをより際立たせています。

コンパクトな見た目は近代的なデザインをしていて、窮屈さがなく、ライダーに一体感が生まれ、どこへでも走っていけそうな勢いがありますね。

かっこいい:Z125 PRO

画像

出典先:KAWASAKI Z125 PRO

主要諸元

価格352,000 円
燃費50.0 km/L
シート高780 mm
車両重量102 kg

おすすめポイント

  • Zの名を受け継いだかっこいいデザイン
  • トコトコのんびり走れる
  • コンパクトで完成されたシルエット

レビュー

カワサキから販売されてる唯一の公道でも走れる小型バイクです。

スポーティなエンジン、軽い車体、機敏なハンドリングはビギナーからベテランライダーまで、満足させることができる本格派な小型バイクです。

Zの名を引き継ぐスタイルの良さとネイキッドバイクの鋭いかっこよさがあり、車体が小さいので場所を取らずにどこでも止めることができますね。

かっこいい:CT125・ハンターカブ

画像

出典先:HONDA CT125・ハンターカブ

主要諸元

価格440,000 円
燃費61.0 km/L
シート高800 mm
車両重量120 kg

おすすめポイント

  • CT110のスタイルを継承している
  • カブとは思えない存在感のあるデザイン
  • 一般道から林道まで使用領域が広い

レビュー

CT110のデザインを継承し、それを現代の最新技術で復活させた小型バイクです。

現代の生活にフィットする装備や性能に磨き上げ、部品ひとつひとつの機能とスタイルは旅の道具が持つ存在感を際立たせたデザインをしています。

カブシリーズの中で最大級の大きさは見るからに安定感があり、ハンドル位置が高いのとアップマフラーがオフロードテイストを感じさせてくれますね。

かっこいい:クロスカブ110

画像

出典先:HONDA クロスカブ110

主要諸元

価格341,000 円
燃費61.0 km/L
シート高784 mm
車両重量106 kg

おすすめポイント

  • カブに見えないワイルドなデザイン
  • カブのアウトドア仕様
  • 見た目は変わっても燃費の良さは変わらない

レビュー

カブ最大の特徴であるレッグシートを外したことでより軽快に走れるようになった小型バイクです

ヘッドライトが無骨な雰囲気を演出し、タフな印象を一層際立たせ、さりげなくカモフラージュ柄をあしらったメーターやマフラーガードなどがアウトドアテイストあふれるデザインになっています。

カブシリーズの中では少し高いかもしれませんがC125やCT125に比べると明らかに安くて、見た目もかっこよく、キャリアをつけてもデザインに全く影響が出ない数少ないバイクです。

かわいい:リード125

画像

出典先:HONDA リード125

主要諸元

価格319,000 円
燃費52.2 km/L
シート高760 mm
車両重量114 kg

おすすめポイント

  • 日常生活での実用性だけならNo.1
  • ラゲッジボックスが大容量
  • リアキャリアステーが標準装備されている

レビュー

優れた実用性とデザインのバランスが両立できている小型バイクです。

ラゲッジボックスが非常に大きく、標準でリアキャリアステーを装備、そして燃費の良さ、時計や電源ソケットなどの充実した機能は通勤通学や買い物などが目的であれば最高の一台になります。

スポーティで親しみやすいスタイリングと上質感あるカラーにシャープなアクセントが映えるツートーンはより落ち着きあるバイクという印象にさせてくれますね。

かわいい:トリシティ125

画像

出典先:YAMAHA トリシティ125

主要諸元

価格423,500 円
燃費46.2 km/L
シート高765 mm
車両重量159 kg

おすすめポイント

  • 急な強風が来ても安定感がすごい
  • スリップによる転倒リスクが低い
  • 三輪だけど二輪と同じ感覚で走れる

レビュー

前が二輪、後ろが一輪の特徴的なスタイルの小型バイクです。

滑りやすい路面で前輪の左右どちらかがグリップを失ったとしても、もう片方がグリップしていればその影響を受けずらくなり、スリップによる転倒リスクが低減している。

小型バイクですが車重があるり、取り回しが少し大変で、値段も高いですが前二輪の道路が雨で濡れていようと、葉っぱが落ちていようと、全く関係ない安定性に優れたバイクですね。

かわいい:モンキー125

画像

出典先:HONDA モンキー125

主要諸元

価格407,000 円
燃費71.0 km/L
シート高775 mm
車両重量105 kg

おすすめポイント

  1. 一目で伝わるモンキーらしさ
  2. 唯一無二のデザイン
  3. カスタムパーツが豊富

レビュー

モンキーをそなまま大きくして、最新の技術を詰め込んだ小型バイクです。

丸みをおびたフェールタンク、厚みのあるタックロールシート、小ぶりなヘッドライトケース、そしてアップマフラー、みんなが知っているモンキーの雰囲気をそのまま残しています。

モンキー(50㏄)に比べて実用性が高く、取り回しも楽で中々いい小型バイクですが、「こんなのモンキーじゃない」という不評も多いらしいです。

かわいい:スーパーカブ C125

画像

出典先:HONDA スーパーカブ C125

主要諸元

価格407,000 円
燃費69.0 km/L
シート高780 mm
車両重量110 kg

おすすめポイント

  • 初代スーパーカブを受け継ぐデザイン
  • カブの見た目でハイテク装備
  • 小型バイクの中で最高級の燃費

レビュー

初代スーパーカブのデザインに最新の技術を詰め込んだ小型バイクです。

羽ばたく鳥の翼をモチーフにしたハンドル、フロントフォークへつながる可動部から独立したレッグシートなどの優雅でモダンなスタイルは初代スーパーカブC100のデザインを思い出させます。

カブなのに少し高級感があり、カブの中ではかなり値段が高めですが、小回りも効き、最高速度も一般道では十分で、作り込みも値段に見合うだけの良いバイクですね。

かわいい:スーパーカブ110

画像

出典先:HONDA スーパーカブ110

主要諸元

価格280,500 円
燃費62.0 km/L
シート高735 mm
車両重量99 kg

おすすめポイント

  • カブらしい柔らかなフォルム
  • 最新機能はほぼ装備してないがそれがいい
  • 圧倒的な燃費の良さ

レビュー

昔ながらのスーパーカブを継承している小型バイクです。

買い物や通勤通学など、様々なシーンでカブらしさを演出し、外観は丸を基調とした柔らかなフォルム、丸目のヘッドライトやウインカーなどは全体を親しみやすく愛着のわくスタイリングに仕上げています。

110㏄のカブは意外とスピードがあるので一般道でも不足だと思わない走行性能を発揮し、カブの一番の特徴とも言える圧倒的な燃費性能や広々としたリアキャリアの積載能力の高さはやはり「世界のカブ」です。

失敗しない中古原付の選び方

画像

失敗しない中古原付の選び方は下記の3つのことを意識すれば大丈夫なハズです。

  • お店で購入する
  • 走行距離を見る
  • 状態を直接確認する

お店で購入する

失敗しない中古原付の選び方1つ目はお店で購入することです。

なぜなら、中古原付を購入するにあたってお店で購入した方が圧倒的に安心できて、失敗する確率が少なくなるからです。

ネットや友達から中古原付を購入すると1ヶ月で壊れたり、何か問題が発生しやすいので、それらのことを考えるとやはりお店での購入した方が安心できます。

お店では「バイクが壊れない信用を買う」と考えた方がいいですよ!

走行距離を見る

失敗しない中古原付の選び方2つ目は走行距離を見ることです。

なぜなら、走行距離を見ればそのバイクがどれくらい走っているのか一目で知ることができ、エンジンの寿命もある程度わかるからです。

私は原付の場合、走行距離の許容範囲は2万5千キロ以下をおすすめしています。

しっかりメンテナンスされていれば走行距離3万キロ以上でも問題ありませんが、多くの人がそれほどメンテナンスをしていないと思うので、すぐにバイクの寿命がきてしまいます。

状態を直接確認する

失敗しない中古原付の選び方3つ目は状態を直接確認することです。

なぜなら、バイクの状態を直接確認すれば写真加工をされることがないので本当に良いバイクなのか判断しやすくなるからです。

そして、直接バイクをみて外装の状態やタイヤのすり減り具合、オイル漏れがないかなどを確認するようにしましょう。

もしオイル漏れをしていたら、治すまでにお金がかなりかかってしまうので購入することをおすすめしません。

まとめ

ここまでこの記事を読んでいただきありがとうございました!

かっこいい・かわいい原付バイクが何か知ることはできましたか?

原付バイクはバイクの中でも値段が安く、手を出しやすい分類なので少しでもバイクに興味を持って、お金に余裕があったら是非購入してみてください。

記事を読んでアドバイスや感想がある方はTwitterのリプやDMまでお願いします。

おすすめ記事

コメント