2021年大型バイクのおすすめ15選!3つの排気量に分けて紹介

スポンサーリンク
その他

どうも、大学在学中に大型バイクの免許を絶対に取得するアオキアカサです。

大型バイクって大きくて、とにかくカッコいいですよね!

これから大型バイクを購入しようと考えている方は高額な買い物にななるので、後悔は絶対にしたくないハズです。

今回はそんな人たちの為に排気量別におすすめの大型バイクを20台紹介してから、バイク関連で後悔しないための対策について解説してみました。

大型バイクについて

ここでは大型バイクの基礎的なことについて解説していきます。

まず最初に大型バイクとは400㏄超のバイクのことで、乗るのに大型二輪免許が必要になります。

そして、この大型二輪免許というのは乗れる排気量の制限がなく、この世のすべてのバイクに乗ることができる免許です。

他のバイクの免許が満16歳以上か取得できるのに対して、大型二輪免許は満18歳以上から取得可能なので大学生や社会人になってから取得する人が多いです。

大型バイクのデザイン

大型バイクには様々なタイプがあり、今回は下記の8種類について紹介していきます。

  • ネイキッド
  • ストリートファイター
  • フルカウル
  • ツアラー
  • クルーザー
  • クラシック
  • アドベンチャー
  • ビックスクーター

ネイキッド

画像

出典元:HONDA

日本のバイクで最もスタンダードと言えるタイプがネイキッドです。

ネイキッドバイクの特徴として、バイク全体を覆うカバーが存在せず、エンジン部分がむき出しになっていることが挙げられます。

バイクの教習車に使われることが多いなため、初心者にも親しみやすいデザインのハズです。

ストリートファイター

画像

出典元:YAMAHA

カウルがないスポーツバイクと言われるタイプがストリートファイターです。

ストリートファイターバイクの特徴として、スポーツバイクのような性能と他にはない個性的なヘッドライトやシャープなデザインが挙げられます。

最近ではフルカウルのエンジンをそのまま積んで、ネイキッド化したバイクのこともストリートファイターと言われています。

フルカウル

画像

出典元:HONDA

スポーティーなデザインと派手なカラーリングの多いタイプがフルカウルです。

フルカウルバイクの特徴として、速く走ることを追求しているので、高い走行性能を持つバイクが非常に多いことが挙げられます。

最近ではスポーティーなデザインと圧倒的なスピードから、若い人からの人気を多く集めています。

ツアラー

画像

出典元:SUZUKI

走行性能が高く、長距離運転を快適にするために設計されたタイプがツアラーです。

ツアラーバイクの特徴として、長距離でも疲れにくいライディングポジションと大きな車体、大容量タンク、大排気量というすべてが「大」というのが挙げられます。

風を遮るように設計されたカウルと大きく、重たい車体がどんな風でも絶対にブレない安定したツーリングをさせてくれます。

クルーザー

画像

出典元:YAMAHA

日本独自の名称としてアメリカンとも呼ばれているタイプがクルーザーです。

クルーザーバイクの特徴として、シート高が低く、「ドコドコドコ」と低いエンジン音で安定感のある走りができることが挙げられます。

座席に座るようなライディングポジションで運転ができるので、長距離運転も苦になりません。

クラシック

画像

出典元:HONDA

昔ながらのレトロなデザインをしているタイプがクラシックです。

クラシックバイクの特徴として、丸目単眼のヘッドライトとフラットなシートで、どこか気品のあるデザインが挙げられます。

最近ではネオクラシックという、見た目はクラシックのままで、性能だけが近代的なバイクも出ています。

アドベンチャー

画像

出典元:SUZUKI

オフロードを走れて、長距離走行もできるタイプがアドベンチャーです。

アドベンチャーバイクの特徴として、サイド・リアボックスが標準装備されていて、最初から荷物を多く積めるように設計されていることが挙げられます。

そのツーリング性能と圧倒的な積載量から長距離の旅をしたい方におすすめできるバイクです。

ビックスクーター

画像

出典元:HONDA

排気量が125㏄超のスクータータイプがビックスクーターです。

ビックスクーターの特徴として、スクーターと遜色ないほどの実用性があり、普通のスクーターとは比べ物にならないパワーがあるというのが挙げられます。

一応スクーターですが、純粋に排気量が上がっているので高速道路にも乗ることができ、パワー不足も感じづらいです。

大型バイクのメリット・デメリット

大型バイクのメリット・デメリットは下記のことが挙げられます。

メリット

メリット

大型バイクのメリットは下記の3つが挙げられます。

  • 圧倒的なパワー
  • 高速道路での安定感がある
  • 所有感を満たす

圧倒的なパワー

大型バイクのメリット1つ目は圧倒的なパワーがあることです。

この世のすべての大型バイクはとにかく強力なエンジンを装備しているので、力強い発進力と素早い加速力があります。

大型バイクを乗った後に中型バイクにのると、中型バイクのパワーがどれほど低いかを知ってしまうので、何か物足りない感を感じてしまいます。

この「圧倒的なパワー」というのが大型バイク最大のメリットですね!

高速道路での安定感

大型バイクのメリット2つ目は高速道路での安定感があることです。

上記で解説したように大型バイクには強力なエンジンが装備されているので、高速道路でも安定感のある走りをしてくれます。

また、高速道路でパワー不足を感じないのでストレスなく高速道路に乗れて、長距離ツーリングでも楽に走り続けることができます。

所有感を満たす

大型バイクのメリット3つ目は所有感を満たしてくれることです。

大型バイクはその大きな車体、強力なエンジン、高額な車両価格が大人になることで、成熟してしまった私たちの所有感を簡単に満たしてくれます。

経済的に余裕のある大人だからこそ、大型バイクに乗ることで、大人だけができる「大人の趣味」を満喫できます。

デメリット

デメリット

大型バイクのデメリットは下記の3つが挙げられます。

  • 立ちごけリスク
  • 取り回しが悪い
  • お金がかかる

立ちごけリスク

大型バイクのデメリット1つ目は立ちごけリスクがあることです。

車体が大きい大型バイクはシート高が高く、車両重量も重いため、中型バイクなどに比べると立ちごけするリスクが非常に高いです。

もし、立ちごけしてしまうと大人でも立て直すのにかなり疲れてしまうため、大型バイクに乗る際は立ちごけに気をつけるようにしましょう。

取り回しが悪い

大型バイクのデメリット2つ目は取り回しが悪いことです。

バイクというのはサイズが大きければ大きいほど取り回しが悪くなってしまいます。なので、大型バイクというのは自然と取り回しが悪くなってしまいます。

また、エンジンが強力な分、スピードがすぐに出てしまうので公道ではアクセルをフルに回すことができず、かなりセーブする必要があります。

お金がかかる

大型バイクのデメリット3つ目はお金がかかることです。

大型バイクは車体が大きく、性能が良いので車両価格が高く、維持費も車検などがあるので250㏄以下のバイクと比べるとお金がかかってしまいます。

また、大型バイクのカスタムパーツは豊富にありますが、どのパーツもサイズが大きいので価格が高くなってしまいます。

~750㏄おすすめバイク

大型バイクの750㏄以下でおすすめなバイクは下記の5台です。

  • MT-07
  • SV650
  • CBR600RR
  • ZX-6R
  • X-ADV

MT-07

画像

出典先:YAMAHA MT-07

主要諸元

価格814,000 円
燃費40.0 km/L
シート高805 mm
車両重量184 kg
冷却方式水冷
気筒数2気筒

おすすめポイント

  • 車体が軽くて取り回しが楽
  • 低中速域での扱いやすいエンジン
  • 他の大型に比べて価格が安い

レビュー

ヤマハのMTシリーズの中で、最もバランスが良いと言われているバイクがMT-07です。

無駄のないコンパクトなボディと特徴的なヘッドライトのデザインがMTらしさを醸し出し、YZF-R1のエンジンを半分にしたエンジンが街中でスポーティーな走りを魅してくれます。

よく価格が安いので「低スペックバイク」と言われることがありますが、日本の街中を走る分には十分なスペックを備えています。

SV650

画像

出典先:SUZUKI SV650

主要諸元

価格785,400 円
燃費37.5 km/L
シート高785 mm
車両重量197 kg
冷却方式水冷
気筒数2気筒

おすすめポイント

  • 存在感強めのフレーム
  • 90°Vツインエンジン
  • 同クラスで最も値段が安い

レビュー

ストリートファイターだが、昔ながらの丸目ヘッドライトを装備するバイクがSV650です。

V型2気筒エンジンを装備しているため、ハイパワーではありませんがエンジンの鼓動を感じながら、ストリートファイターらしいスポーティーな走りができます。

スズキがバイクの本来の楽しさを目指して設計したため、ゆったりした走行からスポーティーな走行までできる万能なバイクです。

CBR600RR

画像

出典先:HONDA CBR600RR

主要諸元

価格1,606,000 円
燃費23.5 km/L
シート高820 mm
車両重量194 kg
冷却方式水冷
気筒数4気筒

おすすめポイント

  • 運動性能を求めた機能的なデザイン
  • 国内唯一の600㏄スポーツバイク
  • 圧倒的なハイパワーエンジン

レビュー

サーキッドでの走行性能を追求したミドルクラスのバイクがCBR600RRです。

CBR1000RR-Rの開発で培われたノウハウを生かし、コンパクトなデザインと最新の電子制御技術や高い空力性能のおかげで総合的に高い性能を持っているフルカウルバイクです。

その性能の高さから街乗りだとかなりセーブして走ることになってしまい、かなり乗りずらくなってしまいますが、峠や高速道路といったスピードを出せる道路なら癖のない素直で乗りやすいバイクになるハズです。

ZX-6R

画像

出典先:KAWASAKI ZX-6R

主要諸元

価格1,353,000 円
燃費26.0 km/L
シート高830 mm
車両重量197 kg
冷却方式水冷
気筒数4気筒

おすすめポイント

  • トップクラスの使い勝手の良さ
  • 公道でも楽しめるスポーツ走行
  • KQSを標準装備

レビュー

1995年の最初期にミドルスポーツのデビューをしたバイクがZX-6Rです。

公道でもスポーティーな走行を楽しむことを追求して開発され、ETCやアクセサリー電源、KQSの標準装備など公道でも走りを楽しむための補助が多くされています。

少し上級者向けのバイクですが、スピードを求めた本気の走りからのんびりとしたツーリングにまで対応できるバランスの取れた良いバイクです。

X-ADV

画像

出典先:HONDA X-ADV

主要諸元

価格1,263,900 円
燃費40.0 km/L
シート高790 mm
車両重量238 kg
冷却方式水冷
気筒数2気筒

おすすめポイント

  • オフロードテイストなスクーター
  • 都会と自然の両方に合うデザイン
  • 優秀過ぎるDCT

レビュー

デザインが唯一無二で、スクーターとオフロードの良い所を全盛りしたようなバイクがX-ADVです。

スクーターのような見た目ですが、DCTが装備されていることからシフトチェンジの制御が緻密でバイクらしい走りをしてくれます。

郊外のアクティブなシーンにも、都会のスタイリッシュなシーンにもマッチするスタイリングを追求したデザインをしています。

750~1000おすすめバイク

大型バイクの750㏄から1000㏄でおすすめなバイクは下記の5台です。

  • Z900RS
  • KATANA
  • CBR1000RR-R
  • BOLT
  • W800

Z900RS

画像

出典先:KAWASAKI Z900RS

主要諸元

価格1,386,000 円
燃費28.5 km/L
シート高800 mm
車両重量215 kg
冷却方式水冷
気筒数4気筒

おすすめポイント

  • Z1・Z2・ゼファー1100の復刻版
  • 安っぽさが一切ない
  • カフェレーサー仕様がある

レビュー

ゼファー1100やZ1、Z2のデザインを受け継いでいるバイクがZ900RSです。

伝説のZ1やZ2のデザインを受け継ぎながら、カワサキの最新の技術を用いて復活した最高のレトロスポーツバイクです。

その扱いやすさはZを思い出して戻ってきたリターンライダーや新たなZに乗ってみたい初心者ライダーにもおすすめできるバイクです。

KATANA

画像

出典先:SUZUKI KATANA

主要諸元

価格1,540,000 円
燃費23.8 km/L
シート高825 mm
車両重量215 kg
冷却方式水冷
気筒数4気筒

おすすめポイント

  • 日本刀をイメージしたデザイン
  • 角形のヘッドライト
  • 刀のような切れ味の鋭い走り

レビュー

スズキのバイクの象徴であるGSX1100S KATANAの復刻版であるバイクがKATANAです。

完成された性能をもつGSX1100S KATANAをさらに今の時代に合わせるためにスペックを大幅にアップグレードしたストリートファイターバイクです。

GSX1100S KATANAのデザインはある程度再現できており、乗り心地は悪くはないですがGSX1100S KATANAとはまったくの別物です。

CBR1000RR-R

画像

出典先:HONDA CBR1000RR-R

主要諸元

価格2,420,000 円
燃費21.0 km/L
シート高830 mm
車両重量201 kg
冷却方式水冷
気筒数4気筒

おすすめポイント

  • とにかくかっこいいデザイン
  • 大型の中でも別格のスピード
  • 同クラス最少の空気抵抗

レビュー

ホンダがサーキッド勝つためにサーキッドテストを重ねて開発したバイクがCBR1000RR-Rです。

カウルデザインはレーシングポジション時の空気抵抗を1000㏄スーパースポーツバイククラス最少の空気抵抗を実現し、加速時、減速時の安定性を高めた設計をしている。

レースに勝つことを目的に作られたバイクの為、街中での乗りやすさは度外視していると思いきや、十分街乗りでも楽しめます。

BOLT

画像

出典先:YAMAHA BOLT

主要諸元

価格1,045,000 円
燃費30.7 km/L
シート高690 mm
車両重量252 kg
冷却方式空冷
気筒数2気筒

おすすめポイント

  • 数少ない国産のクルーザーバイク
  • シンプルなデザイン
  • 一際目立つボバ―スタイル

レビュー

無駄を極限までそぎ落とすボバ―スタイルをコンセプトにヤマハが生み出したバイクがBOLTです。

ティアドロップ型のタンクを中心にシンプルなデザインをしており、鼓動感と力強いトルクで街乗りを楽しませてくれるクルーザーバイクです。

クルーザーバイクらしくシート高が低めなので足つきが非常によく、クルーザーバイクらしくないBOLT独自のハンドリングを楽しみながら走れます。

W800

画像

出典先:KAWASAKI W800

主要諸元

価格1,100,000 円
燃費30.0 km/L
シート高770 mm
車両重量226 kg
冷却方式空冷
気筒数4気筒

おすすめポイント

  • レトロでクラシックなデザイン
  • ゆったりとしたハンドリング
  • 快適なライディングポジション

レビュー

名車であるWシリーズのルックスとフィーリングを忠実に再現して生まれたバイクがW800です。

デザインはW1やW3とほとんど変わっていませんが、最新の技術を注ぎ込んで復活した安定感のあるネオクラシックバイクです。

大型の中ではパワーがあるとは言えませんが、その渋いデザインから景色を見ながらのんびりツーリングすることに重きを置いたバイクと言えます。

1000~おすすめバイク

大型バイクの1001㏄以上でおすすめなバイクは下記の5台です。

  • CB1300 SF
  • Hayabusa
  • Gold Wing
  • CB1100
  • Vストローム1050

CB1300 SF

画像

出典先:HONDA CB1300 SF

主要諸元

価格1,511,400 円
燃費26.8 km/L
シート高780 mm
車両重量268 kg
冷却方式水冷
気筒数4気筒

おすすめポイント

  • 王道のネイキッドバイク
  • 最高レベルの排気量
  • 昔ながらの丸目ヘッドライト

レビュー

昔から変わらないデザインを貫き通すホンダの代表的なネイキッドバイクがCB1300 SFです。

コントロール・サウンド・バイブレーションという3要素を高度に融合させ、ひときわ高められたネイキッドスポーツバイクとしての魅力や楽しさを教えてくれる良いバイクです。

カスタムパーツが多くて、運転しやすく、コーナリングでの安定感が抜群に高いので、走っていじれる、最高のバイクであり、その安定した走行性能から大型バイク初心者にもおすすめできます。

Hayabusa

画像

出典先:SUZUKI Hayabusa

主要諸元

価格2,167,000 円
燃費20.2 km/L
シート高800 mm
車両重量264 kg
冷却方式水冷
気筒数4気筒

おすすめポイント

  • 国内最速のバイク
  • 双方向クイックシフトシステムの搭載
  • 豊富な補助システム

レビュー

最高速度が300km/h以上のことから300km/hの速さで飛行する鳥「隼」の名前を持つバイクがHayabusaです。

究極のスポーツライディングを楽しむため、圧倒的過ぎるハイパワーなエンジンを豊富な補助システムで誰にでも扱えるツアラーバイクです。

所有感を満たしてくれる大きさと誰が見てもHayabusaだとわかる個性あふれるデザインがとてもかっこよくスズキの代表的なバイクです。

Gold Wing

画像

出典先:HONDA Gold Wing

主要諸元

価格2,948,000 円
燃費27.0 km/L
シート高745 mm
車両重量366 kg
冷却方式水冷
気筒数6気筒

おすすめポイント

  • 世にも珍しい6気筒エンジン
  • 最高のプレミアムツアラー
  • バックが楽になるリバースシステムを装備

レビュー

ホンダから販売される超高性能で超高級なバイクがGold Wingです。

カウルの中心に構成されたボディ上側は、シャープでソリッドな面を基本に抑制の効いた張りを持たせることで軽快さと上質さを演出している。

ボディ下側は、ダブルウイッシュボーンフロントサスペンションから水平対向6気筒のエンジンヘッド、マフラーへと続くメカニカルラインによりモーターサイクルらしい機能美を強調している。

大きい車体にかなり重たい車両重量ですが、リバース機構が装備されているので取り回しは普通の大型バイクよりかなり楽です。

CB1100

画像

出典先:HONDA CB1100

主要諸元

価格1,254,000 円
燃費31.3 km/L
シート高785 mm
車両重量256 kg
冷却方式空冷
気筒数4気筒

おすすめポイント

  • 穏やかにのんびり走れる
  • 美しいデュアルマフラー
  • 昔から受け継がれてきた造形

レビュー

とにかく、ゆったり、まったりした余裕のある走りができるバイクがCB1100です。

フィン、カム配置、シリンダーヘッドカバーのすべてはエンジンそのものの美しさを追求し、空冷4気筒というHONDAの受け継がれる意志を宿しています。

厚めのシートは長距離運転でもお尻に優しく、楽なライディングポジションを維持することができ、車両重量はとても重たいですが、走りだせばそれが気になりません。

Vストローム1050

画像

出典先:SUZUKI Vストローム1050

主要諸元

価格1,430,000 円
燃費29.2 km/L
シート高855 mm
車両重量236 kg
冷却方式水冷
気筒数2気筒

おすすめポイント

  • アドベンチャーらしい「クチバシ」デザイン
  • 電子制御システムS.I.R.Sを装備
  • パワーのあるVツインエンジン

レビュー

Vストロームシリーズの中で最大の排気量であるバイクがVストローム1050です。

Vツインエンジンなので車体がコンパクトで乗りやすく、低速から高速まで安定感のあるトルクが特徴のアドベンチャーバイクです。

今では当たり前のアドベンチャーバイク=クチバシを最初にやったバイクであり、スズキの伝統的なスタイルと先進性のあるスタイルを融合させたようなデザインをしています。

バイク関連で後悔しないための対策

人生で『最も後悔すること』5選!今ある環境について、深く考えてみよう – シュフーズ

バイク関連で後悔しないための対策は下記の4つが挙げられます。

  • 値段でバイクを選ばない
  • 中古バイクは現物を見る
  • アドバイスを聞きすぎない
  • しっかり盗難対策をする
  • こまめにメンテナンスをする

値段でバイクを選ばない

バイク関連で後悔しないための対策1つ目は値段でバイクを選ばないことです。

なぜなら、本当に欲しかったバイクを諦めて、値段でバイクを決めて購入してしまうとそれほど購入したバイクに対して愛着がわかず、バイク自体に飽きてしまうからです。

私も安いから購入した原付に対してはまったく愛着がわかず、メンテナンスをほとんどすることがなく、バイク自体に乗ることが少ない時期がありました。

なので、バイク自体に飽きないためにバイクは値段で選ばないようにしましょう。

中古バイクは現物を見る

バイク関連で後悔しないための対策2つ目は中古バイクは現物を見ることです。

なぜなら、ネットなどで中古バイクの現物を見ずに購入してしまうと大きな問題を見落としてしまう可能性があるからです。

たまに加工して写真だけ綺麗なバイクがエンジンなどの調子が悪くて、すぐ壊れてしまう中古バイクがあります。

なので、中古バイクを購入する時は一度現物を見るようにしましょう。

アドバイスを聞きすぎない

バイク関連で後悔しないための対策3つ目はアドバイスを聞きすぎないことです。

なぜなら、人のアドバイスを聞きすぎて、自分が本当に欲しいバイクとはまったく別のバイクを購入してしまうことがあるからです。

バイクなんて、自分が本当に好きなバイクを選べば、どんなバイクでも悪い所なんて気にしなくなります。

なので、人のアドバイスはほどほどに聞いて、本当に自分が好きなバイクを選ぶようにしましょう。

しっかり盗難対策をする

バイク関連で後悔しないための対策4つ目はしっかり盗難対策をすることです。

なぜなら、バイクというのは窃盗されやすく、年々減少はしていますが毎年かなりの人が盗難の被害に合っているからです。

私の友人にもバイクの盗難対策を怠ってしまい、窃盗団にバイクを盗まれて、今だにバイクが戻ってこない人がいます。

なので、盗難対策だけはしっかりするようにしましょう。

こまめにメンテナンスをする

バイク関連で後悔しないための対策5つ目はこまめにメンテナンスをすることです。

なぜなら、こまめにメンテナンスをすることでバイク自体の寿命が延び、走っている途中に壊れてしまうことが減るからです。

さらに、こまめにメンテナンスをすることでバイクに対しての愛着もどんどん湧いてきます。

なので、バイクはこまめにメンテナンスをするようにしましょう。

まとめ

ここまでこの記事を読んでいただきありがとうございました!

おすすめの大型バイクが何か知ることはできましたか?

バイクの使用用途や車種というのは様々ですが、今回の記事を参考にして、自分が本当に欲しい大型バイクを選んでみてください。

記事を読んでアドバイスや感想がある方はTwitterのリプやDMまでお願いします。

バイク関連のおすすめ記事

コメント