2020年9月 まだアニメ化されていないおすすめ週刊少年ジャンプ作品 6選

スポンサーリンク
その他

週刊少年ジャンプを毎週買って読んでいる私が今回は2020年9月までの週刊少年ジャンプの連載作品でまだアニメ化していないおすすめ漫画を6つ紹介しようと思います。

是非最後まで読んでみてください!!

1. チェンソーマン

基本情報

タイトル:チェンソーマン

ジャンル:ダークホラーファンタジー漫画

作者:藤本タツキ

あらすじ

悪魔が日常的に蔓延する架空の現代社会。

自殺した父親が遺した多額の借金を返すために少年デンジはチェンソーの悪魔ポチタと悪魔を退治するデビルハンターとして働きどうにか生計を立てていた。

しかし仕事を斡旋していたヤクザに裏切られポチタと共にデンジはゾンビの悪魔に殺されてしまうが…

1話の感想

とにかく主人公がかわいそうでした。

普通からかけ離れた生活の中で普通を望むも、それを叶えることができずにずっとヤクザにいいように使われて、最終的に裏切られて殺されるなんてかわいそうすぎです。

最後に皆殺しにするのですっきりしました。

2. 夜桜さんちの大作戦

基本情報

タイトル:夜桜さんちの大作戦

ジャンル:スパイギャグ漫画

作者:権平 ひつじ

あらすじ

主人公の高校生朝野 太陽は極度の人見知りであり、幼少期に家族を失ったショックから幼馴染の夜桜 六美以外の人を避けていた。

しかし、あることがきっかけで太陽は六美が実は最強のスパイ一家で第10代目の当主であることを知る。

太陽は六美と結婚して夜桜の一員となり、彼女に執着する兄夜桜 凶一郎や六身を狙うスパイから彼女を守るため奮闘するのであった…

1話の感想

最初にクラスメイトが主人公の太陽を遊びに誘う場面で何度も誘って何度も断られているのに嫌な顔しないのはいい人過ぎると思いました。

普通ならハブられていてもおかしくないです。

逆に凶一郎はシスコンが引くレベルできもかったし、全然優しくないし嫌いになりました。

3. AGRAVITY BOYS

基本情報

タイトル:AGRAVITY BOYS

ジャンル:SFサバイバルコメディ漫画

作者:中村 充志

あらすじ

2119年4人の宇宙飛行士は、人類の新たに住める星を目指して長い旅に出たが、地球を出発してから二日後に地球では核戦争が起きてしまい地球が滅亡する。

その後、追い打ちをかけるようにブラックホールが急に出現し、為す術なく宇宙飛行士4人はそのブラックホールに呑み込まれてしまう。

運がいいことに片道20年でつくはずだった星 α(アルファ)・ジャブローにたった三日で着くことができた。

人類最後の生き残りの4人の宇宙飛行士は天才なのだが、なぜか全員個性が強く男である宇宙飛行士の4人は人類存続の危機に直面するのであった…

1話の感想

OT値とバストサイズは比例するおち〇ち〇相対性理論などといった忘れられないパワーワードで文句なしの面白さです。

最近の漫画には少なかった下ネタが多くて、くだらないことで本気になっていたりと小学生もゲラゲラ笑えるような漫画だと思います。

4. アンデットアンラック

基本情報

タイトル:アンデットアンラック

ジャンル:ピカレスクヒーロー能力バトル漫画

作者:戸塚 慶文

あらすじ

推しの少女漫画が完結したことをきっかけに自殺をしようとした少女出雲 風子

彼女は皮膚接触を行った相手に不運をもたらすという不運(アンラック)という能力から10年前、両親を含めて270人を死に追いやって誰にも触れられないという苦悩を抱えていた。

しかしそんな彼女の前に驚異的な再生能力を持った不死(アンデット)の男が現れた…

1話の感想

アンディの技が不死の能力をうまく応用していて読者が納得のいく方法で空を飛んだりしているのでその点が他の漫画と違っていて面白いなと思いました。

他にも否定者やUMAといったこれから謎が解けていくであろう単語がいくつも出てきたり、他の否定者はどんな能力なのか気になりました。

5. マッシュル-MASHLE-

基本情報

タイトル:マッシュル-MASHLE-

ジャンル:ファンタジー学園ギャグ漫画

作者:甲本 一

あらすじ

当たり前のように魔法が使える世界、魔法界。

そんな世界の人里離れた森の奥にて、日々筋トレに励む少年マッシュ・バーンデットがいた。

彼は魔法が一切使えないながら、家族と平穏に暮らしていた。

ある日、魔法警察に命を狙われることになるが鍛え抜かれた圧倒的な筋力とパワーは精鋭ぞろいの魔法警察を返り討ちにするのであった…

1話の感想

この漫画の無双する感じが他の漫画にもよくある設定でしたが、筋力だけで魔法に対抗していくという漫画は今までになかったので主人公がこれからどうやって魔法に対抗するのか見てみたくなりました。

主人公の無気力な感じと圧倒的な筋力がワンパンマンのサイタマみたいで面白かったです。

なんかシュールな笑いが多いという印象を受けました。

6. 僕とロボコ

基本情報

タイトル:僕とロボコ

ジャンル:ロボットギャグ漫画

作者:宮崎 周平

あらすじ

西暦20XX年美少女メイドロボ「オーダーメイド」が販売され汎用性の高さと圧倒的な可愛さから一家に一台普及していた時代。

平凡すぎる小学生平 凡人は今だにロボットが家に一台もいなかったが母親に頼み込み何とか一番安いメイドを注文してもらえた。

しかし、家に来たのは…

1話の感想

ドラえもんのパロディ漫画と思いきや微妙に本家と違って友達が優しかったり、勢いのあるギャグが何回も笑いを誘ってきます。

特に私は最後のオチで思わず吹いてしまいました。

またロボコのキモさや使えない具合もちょうどよく全体を見ても面白い漫画でした。

最後に

ここまでこの記事を読んでいただきありがとうございました。

どの漫画も絶対に面白いと思うので少しでも気になったら一話だけでもいいので読んでみてください。

この記事を読んでアドバイスや感想がある方はTwitterのリプやDMまでお願いします。

コメント