2020年 ホンダとカワサキが現行販売している400㏄クラスのおすすめバイク5選

スポンサーリンク
バイク

400㏄のバイクは中型二輪の免許で運転することができますが、250㏄以上は車検がかかってしまい維持費が少し高くなってしまいます。

しかし、400㏄のバイクは高速などでパワー不足を感じることはなく、車体も250㏄くらいなのでコンパクトでおすすめのバイクがいっぱいあります。

そして、400㏄のバイクが欲しいけど今のおすすめがわからないという方の為に、今回は現行販売されているHONDAとKAWASAKIの400㏄のおすすめバイクを5台紹介しようと思います。

是非、最後まで読んでみてください!!

HONDAのバイク

国内のバイクメーカーで最もラインナップが多く、

少しコケたくらじゃビクともしない頑丈なエンジンをもっています。

誰でも簡単に、そして快適に乗ることができるホンダのバイクは初心者でも乗りやすいバイクが多いです。

CB400 SUPER FOR

基本情報

メーカ小売り価格:884,400 円

燃費:31.0 km/L(60 km/h、2名乗車時)

シート高:755 mm

車両重量:201 kg

冷却方式:水冷

気筒数:4気筒

特徴

CB1300シリーズの堂々とした佇まいを継承

フェールタンクからサイドカバー、そしてリアカウルへ流れるシャープで力強いプロポーションをしています。

また、そのアイデンティティである伝統の二眼メーターや二眼LEDテールランプ、左右分割タイプのグラブレール、足元には10本スポークホイールにいたるまで、全身に伝統と革新の造形美が貫かれています

レビュー・感想のまとめ

教習車に採用されているだけあって初心者でも扱えるパワーで十分に楽しめる速さがあります。

本当に乗りやすいバイクで街乗りなどの常用域は文句なしの性能です。

CB400はエンジンが頑丈で、色々なカスタムパーツがあるのでプチからフルまでカスタムができます。

また、唯一無二のVTECシステムを堪能することができます。

CBR400R

基本情報

メーカ小売り価格:808,500 円

燃費:41.0 km/L(60 km/h、2名乗車時)

シート高:785 mm

車両重量:192 kg

冷却方式:水冷

気筒数:2気筒

特徴

先鋭的なウェッジシェイプを強調すると共にHONDAのレーシングマシンのDNAを継承しているスタイリング。

コンパクトなフロントカウルと整流効果の向上を狙ったワイドなロアカウルが、スーパースポーツマシンのような凝縮感のあるプロポーションをしています。

さらに、CBRシリーズのアイデンティティであるデュアルヘッドライトや異型断面ショートマフラー、小型ステップホルダーなど、細部にまで心昂ぶらせるデザインをしている。

レビュー・感想のまとめ

1000RRや650Rをイメージさせるようなデザインをしています。

ツアラーバイクのため、低速でのトルクがあり非常にロングツーリングに向いていると思います。

街中で乗る分には全く問題ないかもしれませんが、峠道などでは少し物足りない感があるかもしれません。

400X

基本情報

メーカ小売り価格:826,100 円

燃費:41.0 km/L(60 km/h、2名乗車時)

シート高:800 mm

車両重量:196 kg

冷却方式:水冷

気筒数:2気筒

特徴

力強く、そしてアグレッシブでありながらも洗練されたフォルムを持つバイクです。

シャープなラインのフロントカウル、眉を吊り上げているような精悍なヘッドライト、そしてウインドプロテクション性能を追求し縦に伸長したフロントウインドスクリーンを採用したフロントフェイスは、400Xの堂々とした個性をより一層強く主張し、見るものを旅へと誘う、タフなスタイリングをしている。

レビュー・感想のまとめ

とにかく乗りやすいバイクで乗車姿勢も立ちに近い姿勢なのでかなり楽です。

サスも柔らかく長距離ツーリングも苦になりません。

サイドバックやパニアケースをつけるとスクーターくらいの積載量をほこり、400㏄以下のキャンプツーリングに一番向いているバイクだと思います。

KAWASAKIのバイク

カワサキは男性からの支持を多く受けているメーカーです。

高速やサーキッドなどといったスピードを出す場面や街乗りなどの、

緩くトコトコ走るバイクなどのジャンルのバイクを販売しています。

Ninja400

基本情報

メーカ小売り価格:715,000 円

燃費:32.0 km/L(60 km/h、2名乗車時)

シート高:785 mm

車両重量:167 kg

冷却方式:水冷

気筒数:2気筒

特徴

軽量トレリスフレームに398㏄の高出力エンジンを搭載し、クラス最高レベルを目指した強力なトルクと爽快な加速を体感できる、ハイパフォーマンススポーツモデルNinja 400。

また大型フロントフォークやラジアルタイヤなど動力性能を支える機能も充実で、優れたコントロール性やアップライトなライディングポジションは、ツーリングからスポーツ走行まで幅広くカバーしています。

高い汎用性、快適性を獲得しながらもさらなるライディングエキサイトメントを追求している。

レビュー・感想のまとめ

Ninja250のボディに400㏄のエンジンを使っているだけあって、そこそこパワーがあり、軽くて取り回しが楽なので街乗りはもちろん、峠道でも力強く、ひらひらと走れるバイクです。

安定性があり、良好なハンドリングは初心者からベテランの方まで楽しめるバイクだと思います。

Z400

基本情報

メーカ小売り価格:682,000 円

燃費:32.0 km/L(60 km/h、2名乗車時)

シート高:785 mm

車両重量:166 kg

冷却方式:水冷

気筒数:2気筒

特徴

高出力かつ操作性に優れる高性能エンジンを搭載しているカワサキの本格的スーパーネイキッドマシンZ400。

スムーズな吹け上がりと低回転時での力強いトルクを発揮し、初心者からベテランまで非常に扱いやすいエンジン特性を実現しています。

スタイリングは、Z1000で提唱した先鋭的な車体形状の Sugomi デザインを継承し、シャープなスタイリング、独自なシルエットがライダーを魅了します。

レビュー・感想のまとめ

取り回しが良く、ハンドリングがとにかく軽いです。

スリッパークラッチが付いているので、かなりクラッチレバーが軽いく、トルクや加速は申し分ないです。

また、高速道路を走っていて風に煽られても安定した走りを見してくれるます。

しかし、乗り心地はシートが硬いため長距離には少し向かないと思います。

最後

ここまでこの記事を読んでいただきありがとうございました。

気になる400㏄クラスのバイクはみつかりましたか?

私はこの記事を書いていて、車検があるから学生の間は買うことはないが、働き始めたら400㏄のバイクを買いたいと思いました。

この記事を読んでアドバイスや感想がある方はTwitterのリプやDMまでお願いします。

コメント