2020年現行販売されているHONDAのおすすめ原付5選

スポンサーリンク
バイク

原付というのは16歳で免許を取得することができるので多くの高校生が取得すると思います。

そして、コツコツ貯めたバイト代で原付を買う方が多くいると思います。

なので今回は私がHONDAの現行販売されているおすすめの原付を5台紹介していこうと思います。

是非最後まで読んでみてください!!

HONDAのバイク

国内のバイクメーカーで最もラインナップが多く、少しコケたくらじゃビクともしない頑丈なエンジンをもっています。

誰でも簡単に、そして快適に乗ることができるホンダのバイクは初心者でも乗りやすいバイクです。

スーパーカブ50

基本情報

メーカ小売り価格:236,500 円

燃費:105.0 km/L(30 km/h、1名乗車時)

シート高:735 mm

車両重量:96 kg

冷却方式:空冷

気筒数:単気筒

特徴

買い物や通勤通学など、様々なシーンでカブらしさを演出し、外観は丸を基調とした柔らかなフォルム、丸目のヘッドライトやウインカーなどは全体を親しみやすく愛着のわくスタイリングに仕上げている。

そしてシンプルなメーターパネルは上部にロゴをあしらうなど、さりげないこだわりを添えたデザインにバックライトにLEDを採用し、視認性も追及している。

レビュー・感想

とにかく燃費がいいです。

そして整備は自分で簡単にでき、エンジンも頑丈で壊れない脅威的な耐久力、効果的なレッグカバー、頑丈で広い荷台、そして飽きがこないデザインはまさに誰もが認める「世界のカブ」です。

また社外品のパーツが非常に多いので自分だけのカブを作ることができます。

クロスカブ50

基本情報

メーカ小売り価格:297,000 円

燃費:94.0 km/L(30 km/h、1名乗車時)

シート高:740 mm

車両重量:100 kg

冷却方式:空冷

気筒数:単気筒

特徴

カブの特徴の1つであるレッグシートを外したことでより軽快に、よりアクティブな見た目をしている。

またヘッドライトが無骨な雰囲気を演出し、タフな印象を一層際立たせています。

さらに、さりげなくカモフラージュ柄をあしらったメーターやマフラーガードなど、アウトドアテイストあふれるデザインになっていて、街にも自然にもフィットするように仕上がっている。

レビュー・感想

基本的にオイル交換をしっかりしていれば、ほぼメンテナンスフリーで走ることができます。

癖のないハンドリング、粘りのあるエンジン、長時間乗っていても疲れにくい楽なライディングポジション、そしてオフロードテストなデザインはハンターカブを彷彿させ、キャンプツーリングに行きたくなります。

ジョルノ

基本情報

メーカ小売り価格:198,000 円

燃費:80.0 km/L(30 km/h、1名乗車時)

シート高:720 mm

車両重量:81 kg

冷却方式:水冷

気筒数:単気筒

特徴

上品でシックな個性派スタイルのバイクです。

やさしい曲線と丸みをおびたデザインが作り出すシルエットに、シックなニュアンスカラーを組み合わせた上品なスタイルをしていて、大人っぽさも、可愛さも、自分らしく楽しみたい人に似合うバイクです。

そして見やすさにこだわったメーターは時計表示機能付きなので、忙しい朝など時間を気軽に確認できて便利です。

レビュー・感想

新型のジョルノにはeSPエンジンが使用されていて、坂道でもグイグイと元気に走ります。

デザインもイタリアのバイクであるベスパに似ていて、ちょっとレトロな感じがあり、可愛らしいデザインをしています。

その可愛らしいデザインから女性の方におすすめのバイクです。

タクト

基本情報

メーカ小売り価格:168,300 円

燃費:80.0 km/L(30 km/h、1名乗車時)

シート高:720 mm

車両重量:79 kg

冷却方式:水冷

気筒数:単気筒

特徴

タクトにはより環境性能を意識したアイドリングストップ・システムとシートに上質な表皮と共にダブルステッチを採用し、ボディーサイドに配した立体エンブレムが、その上質感を一層引き立てている。

タクト・ベーシックには足着き性に配慮したローシートが採用されている。

軽快な走りと省燃費を両立するエンジン、使い勝手にこだわった装備の数々は普段の生活の中で、気持ちよく乗り続けられるために磨き上げられたバイクなのです。

レビュー・感想

今の50㏄とは思えないほどエンジンにパワーがあり、ハンドルを回すとしっかりパワーがついてきます。

しかし、50㏄のバイクなので足回りに関しては50㏄のそれであり、強風に煽られるとふらついたりして危ないです。

ですが、値段を考えるとコスパはいいし、スピードもあるので素晴らしいバイクだと思います。

Dunk

基本情報

メーカ小売り価格:218,900 円

燃費:75.3 km/L(30 km/h、1名乗車時)

シート高:730 mm

車両重量:81 kg

冷却方式:水冷

気筒数:単気筒

特徴

Dunkはニュートラルでプレーンなイメージがありながら、質感の高い印象を合わせ持つバイクです。

ボリューム感あるヘッドライドはボディーに組み込まれ、シンプルさと存在感を融合している。

そして、Dunkの個性を象徴するスクエアなデザインはウインカーと一体型のLEDテールランプ、クリアレンズによる透明感あるデザインで、視認性を配慮するとともに、精悍なリアビューを演出している。

レビュー・感想

足回りが広めで心地も良く、乗ってて窮屈ではないです。

デザインは角ばっていて無骨だが、淡麗で秀逸なので原付の中ではかなり目立った存在です。

運転はし易く、中間加速は十分にあり、アイドルストップが付いていることから音がかなり静かで、エンジンの再始動もかなりスムーズです。

最後に

ここまでこの記事を読んでいただきありがとうございました。

少しでも購入したい原付への参考になりましたか?

私はこの記事を書いていてホンダのカブはやっぱり性能面でもデザイン面でも最高のバイクだなと改めて理解することができました。

この記事を読んでアドバイスや感想がある方はTwitterのリプやDMまでお願いします。

コメント