2020年現行販売されているスズキとカワサキの125㏄クラスのバイク 4選

スポンサーリンク
バイク

125㏄クラスのバイクは全体的にコスパがいいバイクが多く販売されていてます。

通勤通学用から少し遠くへのツーリングなど幅広く活用できるバイクでもあります。

そんな125㏄クラスのバイクの購入を考えている方に向けて今回はスズキカワサキの現行販売されている125㏄バイクを紹介していこうと思います。

是非最後まで読んでみてください!!

スズキのバイク

スズキはコストを抑えて安いバイクを作るのが得意なメーカーです。

デザインに対して個性を追求したり、大衆ウケしにくいデザインを販売したりと、

ラインナップを見てるだけで楽しいメーカーです。

1. GSX‐R125 ABS

基本情報

メーカ小売り価格:393,800 円

燃費:48.2 km/L(60 km/h、2名乗車時)

シート高:785 mm

車両重量:134 kg

冷却方式:水冷

気筒数:単気筒

特徴

GSX‐R125 ABSのダイヤモンドフレームは、ねじり剛性と軽さを兼ね備え、高い安定性とコーナリングでの軽快な操作性を両立している。

そしてスラントしたフロントカウルを採用することにより前面投影面積を減らして空気抵抗を低減し、高い安定性と、優れた燃費性能を発揮している。

GSX-Rの名に相応しい、エンジンと車体のパッケージングは、信頼性と扱いやすさ、そしてトータルパフォーマンスが高い次元で融合している。

レビュー・感想まとめ

バイクとして軽さ、走行性能、スタイルどれをとっても申し分なく全体的にバランスがいいです。

また安っぽさが全くなく所有間を満たしてくれるいいバイクだと私は思います。

しかし、サスが固いせいか路面が凸凹している場合はゴツゴツを拾ってしまいます。

本格的なスポーツバイクを体験したい方やコーナリングを楽しみたい方におすすめのバイクです。

2. スウィッシュ

基本情報

メーカ小売り価格:324,500 円

燃費:51.0 km/L(60 km/h、2名乗車時)

シート高:760 mm

車両重量:114 kg

冷却方式:空冷

気筒数:単気筒

特徴

軽快な操作性と、様々な路面状況での優れた操縦性を追求し、スズキ独自の技術を集結したSEPエンジンを搭載することで力強い加速と、高い燃費性能を両立している。

コンパクトな車体と自由度の高いライディングポジションは跨ったと時に一体感が生まれます。

また広々としたフラットな足元スペースは足元に窮屈さを感じさせることなく快適な足つき性を実現している。

レビュー・感想まとめ

ガーッと行く加速ではなくゆっくりと加速していくタイプのバイクで、静かで癖のないエンジンは街乗りには十分です。

サスも3段階の切り替えでお好みの固さを選べ、凸凹な路面でもサスが良く反応してくれるので揺れが少なくなっています。通勤や通学の利用におすすめのバイクです。

3. アドレス125

基本情報

メーカ小売り価格:225,500 円

燃費:52.0 km/L(60 km/h、2名乗車時)

シート高:745 mm

車両重量:109 kg

冷却方式:空冷

気筒数:単気筒

特徴

アドレス125は毎日使えるスクーターを目指してスタイリッシュであることはもちろん、快適性や実用性にもこだわっている。

小さくそして軽く造られたエンジンは燃焼効率上昇のため混合気の最適な流れを計算して設計されている。

また豊かな低速トルクのエンジン特性に合わせてCVTの設定を最適化、燃費性能と加速性能向上に貢献している。

レビュー・感想まとめ

小さな車体、軽量な車重、取り回しや押し歩きが楽、燃費もいい、見た目が人によって好みが分かれる以外は不満がないバイクだと思います。

しかし長距離には向いているとは言い難いので、近距離や裏道がメインの場合は最高のバイクだと思います。

価格も考慮して原二初心者や移動手段としてならおすすめのバイクです。

カワサキのバイク

カワサキは男性からの支持を多く受けているメーカーです。

高速やサーキッドなどといったスピードを出す場面や街乗りなどの緩くトコトコ走るバイクなど

幅広いジャンルのバイクを販売しています。

4. Z125

基本情報

メーカ小売り価格:352,000 円

燃費:50.0 km/L(60 km/h、2名乗車時)

シート高:780 mm

車両重量:102 kg

冷却方式:空冷

気筒数:単気筒

特徴

Z125は街中を走るときにもライディングを楽しむことができます。

そしてスポーティなエンジンと軽い車体、機敏なハンドリングはビギナーからベテランライダーまで、スポーツマインドを満足させる本格派なバイクです。

またコンパクトなシルエットを成形する、高張力鋼製バックボーンフレームはスーパーネイキッドらしさを引き出します。

レビュー・感想まとめ

Zの名を引き継ぐスタイルの良さと見た目のかっこよさがあり、車体が小さいので場所を取らずにどこでも止めることができます。

そして速すぎず、遅すぎないトルクは初心者でも簡単に操ることができると思います。

トコトコとのんびりしたツーリングをしたい方におすすめのバイクです。

最後に

ここまでこの記事を読んでいただきありがとうございました・

気になったバイクはありましたか?

私はこの記事を書いていてスズキもカワサキのバイクも125㏄クラスのラインナップの少なさからそこまで力をいれていないんだなと思いました。

この記事を読んでアドバイスや感想がある方はTwitterのリプやDMまでお願いします。

コメント