2020年に現王販売しているスズキの250㏄以下の中型バイク4選

スポンサーリンク
バイク

中型バイクは多くのメーカーが数多くのバイクを販売しています。

しかし、あまりにも多くて何がおすすめなのかわからなくなっている方も多くいると思います。

なので今回は2020年に現行販売されているスズキの250㏄以下の中型バイクをまとめてみました。

この記事を読めばある程度、現行販売されているスズキの250㏄以下の中型バイクがどのようなバイクなのか知ることができます。

是非最後まで読んでみてください!!

スズキのバイク

スズキはコストを抑えて安いバイクを作るのが得意なメーカーです。

そしてデザインに対して個性を追求していく傾向があり、

大衆ウケしにくいデザインを平気で販売したり、

どの年齢層に需要があるかよくわからないバイクをラインナップに加えたり、

見てるだけで楽しいメーカーです。

今回はそんなスズキの現行販売されている250㏄以下の中型バイクを4つ紹介していこうと思います。

1. Vストローム250

基本情報

メーカ小売り価格:580,800円

燃費:39.0 km/L(60 km/h、2名乗車時)

シート高: 800 mm

車両重量: 188 kg

冷却方式:水冷

気筒数:2気筒

特徴

ヘッドランプリムとレンズの造形やメカニカルなメーターバイザーや

ガード風ランプステーが本格的アウトドアギヤをイメージさせ、

バランスのある車体とスリムで扱いやすく実用的なデザインがアドベンチャーバイクに相応しい見た目をしている。

そして鳥のくちばしを連想させるフロントカウルは、DR-BIGから続くスズキ伝統のスタイリングイメージを継承する。

レビュー・感想のまとめ

旅やキャンプツーリングには最高のバイクです。

総重量は188㎏なので少し重たいですが走れば気にならず、リッターバイクのアドベンチャーより圧倒的に乗りやすく扱いやすいです。

しかし低身長のかたが多い日本人には少しシート高が高いかもしれませんが、

やはり大きなガソリンタンクに安定したシート、そして追加購入でサイドケースとトップケースを購入すればこれ以上にない旅・キャンプ用バイクの完成です。

乗って、触って、走って納得するバイクです。

旅やキャンプツーリングをしたい方におすすめのバイクです。

 

2. GSX250R

基本情報

メーカ小売り価格:548,900円

燃費:41.0 km/L(60 km/h、2名乗車時)

シート高: 790 mm

車両重量: 178 kg

冷却方式:水冷

気筒数:2気筒

特徴

スズキのスポーツアイデンティティをしっかり継承していて、

フロントのポジションランプとリアのテールランプに用いられた面発光LEDは、

GSX250Rの迫力のある見た目と先進性を引き立て、

スポーティなスタイリングをしている。

街乗りやツーリングにおいても、

快適なライディングポジションを維持できるよう設計されていて洗練と力強さが共存するその姿は、

都市に身を潜めるアスリートを彷彿とさせている。

レビュー・感想のまとめ

250㏄のフルカウルバイクでコスパが良いバイクで他のフルカウルに比べると一回り大きい車体が所有感を満たしてくれる。

諸元では馬力が低くなっているがトルクは他のバイクと似たり寄ったりで、

曲がる、止まる、加速するっていう点で基本性能は高いと思います。

値段、走行性能、取り回し、見た目のどれをとっても非の打ち所がないバイクです。

250㏄クラスで安くフルカウルバイクに乗りたい方におすすめです。

3. ジクサー250

基本情報

メーカ小売り価格:448,800円

燃費:45.0 km/L(60 km/h、2名乗車時)

シート高: 800 mm

車両重量: 154 kg

冷却方式:油冷

気筒数:単気筒

特徴

リアグリップはアルミダイキャスト製とし、デザイン性を高めながら剛性感と質感を確保。

ジクサー250のシルエットにマッチするデュアルテールエンドを持つショートマフラーは、

低中速域の力強さと共に上質なサウンドを実現。

特徴的なスイングアームマウントフェンダーは機能性とデザイン性を両立し、

泥はねを抑制しながら力強く躍動感あるスタイリングになっている。

また7段階のプリロードアジャスターを装備し、

ライダーの好みに合わせて調整が可能となっている。

レビュー・感想のまとめ

ジクサー250は全方位にバランスよくまとまっていて、

スピードやパワーを求めなければ素晴らしいバイクです。

パワー不足を心配されると思いますが下道では必要充分です。

しかし追い越しや高速ではパワーが足りず左車線で我慢することになります。

ですが燃費の良さと大型燃料タンクから長距離のんびりツーリングや生活の足として

使用するのならおすすめのバイクです。

4. バーグマン200

基本情報

メーカ小売り価格:535,500円

燃費:36.0 km/L(60 km/h、2名乗車時)

シート高: 735 mm

車両重量: 163 kg

冷却方式:水冷

気筒数:単気筒

特徴

ライフスタイルが違えば、

スクーターに乗るファッションも違うから、

どんなシチュエーションにも似合うデザインにこだわっている。

スリムでシャープなデザインの独立2灯型マルチリフレクターヘッドライトは上品さ演出し、

ボディにビルドインしたウィンカーと相まって優雅で流麗なフォルムとなっている。

ジャストなサイズ、デザインが、快適なスマートライフを演出します。

レビュー・感想のまとめ

原付きのように軽く取り回しがよく、

250ccに勝るとも劣らないパワーとスピードがあり、

原付きと250ccのいいとこ取りをしたようなスクーターです。

器用貧乏というわけではなく本当に良い所だけを取ったような理想のバイクです。

また風防も良く、収納も良くて、

静かなので車と変わらない快適性を有しており景色やその土地の空気を感じるには良いバイクです。

燃費や最高速やデザインといった実用性を求めない人におすすめのバイクです。

最後に

ここまでこの記事を読んでいただきありがとうございました。

スズキのバイクの中でお好みのバイクはありましたか?

私は今までスズキのバイクは安っぽくて少し嫌悪感がありましたが

調べていくうちにコストをなるべく抑えて少しでも安価に販売しようとする

ことにものすごく尊敬の意を与えたいと思えました。

この記事を読んでアドバイスや感想がある方はTwitterのリプやDMまでお願いします。

コメント