私が小学生の時にプレイしていたDSのソフト7選

スポンサーリンク
ゲーム

私が小学生の時はニンテンドーDSやニンテンドー3DSが主流の時代でした。

ニンテンドーDSのソフトは様々なジャンルのゲームがあり、知らない人がいない名作を生み続けたゲーム作品です。

今回はその時の記憶を思い出しながら、私が思い出の深いゲームを7つ紹介していこうと思います。

是非最後まで読んでみてください!!

ポケットモンスター パール

基本情報

ゲームフリークが開発し、株式会社ポケモンから2006年9月28日に発売されたロールプレイングゲームで、ポケモンシリーズの4作目にあたるゲームです。

シンオウ地方という北海道をモデルにした架空の地方を舞台に主人公が様々な街のジムリーダーを倒して、ポケモンチャンピオンを目指すゲームです。

ニンテンドーDSで初のポケモンシリーズでもあります。

思い出・感想

私が初めてプレイしたポケモンシリーズでここから私はポケモンにハマっていきました。

有名なバグの話なのですが四天王の入り口で「なみのり」をして「なぞのばしょ」という所に行けるのですが、私はこれで一度データをなくしたという苦い思い出があります。

イナズマイレブン2 脅威の侵略者 ファイア

基本情報

レベルファイブが開発し、2009年10月1日に発売された収集・育成サッカーゲームで、イナズマイレブンの第二作目になります。

宇宙人が日本をサッカーを使って征服しようとしてくるを日本一のチームになった雷門イレブンが止めようとする話です。

小学生だった私でもわかるくらいぶっ飛んだストーリーです。

思い出・感想

イナズマイレブンシリーズで一番最初にプレイしたゲームで、今回紹介しているゲームの中で一番長い時間プレイしたゲームだと私は思います。

サッカーを習っている友人のほとんどがこのゲームをやっていたので、よく対戦したりブリザードにしかいないキャラをもらったりしていました。

本当に面白いゲームでした。

Newスーパーマリオブラザーズ

基本情報

任天堂が開発し、2006年5月15日に発売した横スクロールアクションゲームです。

今までのマリオシリーズのように1から8ステージまであるのに加えて、

1対1の対戦からスーパーマリオ64DSのようにミニゲームがいくつも収録されていて、そのミニゲームでも対戦ができるなど

このソフト一本で様々なゲームをプレイすることができるようになっています。

思い出・感想

このゲームの1対1の対戦で普段話さないクラスメイトと対戦して負けたときにめちゃくちゃ煽られて私が怒って喧嘩をした記憶があります。

このゲームを買ってから何年もたっていますが時々またプレイしたくなって押し入れから取り出して今でもプレイしたりしています。

マリオカートDS

基本情報

任天堂が開発し、2005年11月4日に発売されたアクションレースゲームでマリオカートシリーズ5作品目のゲームです。

新作の16コースに加えて、過去のマリオカートの16コースがリメイクされて収録されていて合計32コースもあります。

他にもふうせんバトルあつめてシャインというミニゲームのようなこともできるようになっています。

思い出・感想

習い事のコーチがマリオカートが好きすぎて、打ち上げやお食事会があるとDSをを持っている子を集めて

みんなで大会を開いて優勝した子にコーチがジュースを奢ってくれました。

私の相棒はカノンでした。

理由は覚えていません。

星のカービィ 参上!ドロッチェ団

基本情報

HAL研究所とフラグシップが開発し、任天堂が2006年から11月2日に発売したアクションゲームで、星のカービィシリーズ9作品目のゲームです。

カービィが奪われたショートケーキを追って世界のへそといわれる地下世界に迷い込んでドロッチェ団と闘いながら冒険をするゲームです。

思い出・感想

私が人生で唯一プレイしたカービィのゲームです。

ステージをクリアしたり、ボスを倒すことよりもステージ選択の真ん中にあるカービィの変身アイテムがあるところで

色々なカービィに変身していろんな攻撃方法を試したり、

変身アイテムを混ぜてたら何に変身できるのか実験していることの方が楽しかった記憶があります。

トモダチコレクション

基本情報

任天堂が開発し、2009年6月18日に発売をしているそっくりトモダチコレクションゲームです。

自分のMiiや友人や家族のMiiを作ってゲーム内のマンションに暮らさせて、その生活を観察したり、食べ物を与えたり、遊んだりして楽しむゲームです。

思い出・感想

学校の友人を作るのですが嫌いな奴はわざとキモく作ったり、自作したMiiに歌を歌わせることができるのですがそこで誰かへの悪口の歌を作ったりとあまりよろしくないことをしていた記憶があります。

他にもドラゴンボールが好きだったのでスーパーサイヤ人になった自分を作ったりしていました。

ドラゴンクエストⅨ 星空の守り人

基本情報

レベルファイブとスクウェア・エニックスが開発し、スクウェア・エニックスが2009年7月11日に発売したロールプレイングゲームで、ドラクエシリーズ9作品目になります。

主人公は珍しく人間ではなく天使なのですがあることがきっかけで天界から地上に落ちてしまい、天界に戻るために冒険をしていくストーリーです。

思い出・感想

このゲームはマルチプレイができるのですが、私がまだ序盤のストーリーしかクリアしていなかったのですが、友人が早くに全クリをしていたのでマルチプレイで

メタルキングしか出ないダンジョンに行ってレベルをめちゃくちゃ上げてもらってIストーリーがくそ簡単になったという思いでがあります。

面白かったです。

最後に

ここまでこの記事を読んでいただきありがとうございました。

自分のこれやってたというゲームはありましたか?

私はこの記事を書いていて、小学生の頃のゲーム以外の思い出がよみがえってきてあの頃に戻りたいなと少し切なくなってきてしまいました。

この記事を読んでアドバイスや感想がある方はTwitterのリプやDMまでお願いします。

 

コメント