新しい環境で友人を作るために私がやってきたことと意識したこと 5選

スポンサーリンク

現在はコロナなどの影響で普段の学校生活とは程遠い生活をしている方が多いく

特に大学生の方はオンライン授業がメインなので

学校には登校しないため新しい友人はまったくできていないはずです。

ということで今回は中学生までは部活の以外の友人はほとんどいなかったが

高校ではある行動またはある意識をするだけで友人が増えた私が

学校に登校したときに新しい環境でも友人ができる方法を教えたいと思います。

1. オーラ(雰囲気)

新しい環境で友人を作る方法その1は話しかけやすそうなオーラや雰囲気を出すことです。

理由

先に言っておきますが新しい友人が欲しいのに話しかけるなオーラを出している人は論外です。

少し想像をしてみてください話しかけるなオーラを出している初対面のやつに無理に話しかける人なんてこの世にほとんどいません。

なので話しかけやすそうなオーラや雰囲気を出すのです。

とりあえず少し微笑むような表情でただ本を読んだりスマホをいじって座っていれば話しかけやすそうなオーラや雰囲気は勝手に出ます。

そして周りのやつに「何やってるの?」と話しかけられるはずです。

注意点

少し微笑むような表情をすることが大切ですがあまりやりすぎてしまうと一人で座りながら笑っている変な奴になってしまうのでそこだけ気を付けましょう。

2. 近くの席

新しい環境で友人を作る方法その2は近くの席の人と仲良くなることです。

理由

近くの席の人と友人関係になれば同じクラスで席が離れている人と友人の友人ということになり、接点が生まれて話しかけられやすくなり友人関係になることができるからです。

新しい環境では厨二病で一匹狼がかっこいいと思っている奴以外は友人が欲しいに決まっています。

なので少しの接点さえあればそこからどんどん仲良くなり友人関係を築くことができるはずです。

注意点

近くの席の人とは基本的に自分から話しかけないといけないので人に話しかけることが苦手なタイプの人には難しい方法かもしれません。

3. 表情やリアクション

新しい環境で友人を作る方法その3は表情とリアクションをしっかりとることです。

理由

どんなにたわいもない話でもしっかり表情やリアクションを取っていれば周りからはしっかり人の話を聞いてくれるいい人に見えるはずです。

そうすれば周りからの評価も上がりいろいろな方から話しを聞いてほしいなど声をかけられることが増えます。

そうすれば自然と友人になる方が増えてるはずです。

余談ですが友人の親の前とかでよく笑顔をみせるとかなり気に入られます。

注意点

リアクションをしっかりするというのはオーバーリアクションをするということではないのでそこを履き違えないようにしてください。

4. 昼飯を一緒に食べる

新しい環境で友人を作る方法その4はお昼ご飯を一緒に食べることです。

理由

高校や大学は中学と小学校と違い昼休みの中にお昼ご飯の時間が設けられる学校が多いと思います。

私の通っていた学校はそうでした。

そこでお昼ご飯が食べ終わったら自然と一緒に昼休みを過ごすことになります。

そこで一緒に遊んでいたらそのうち放課後も一緒に遊ぶようになります。

そこまでいくとその人とはもう友人になっているはずだからです。

注意点

特に話すことがなければ沈黙の時間がただ流れるだけで気まずくなってしまうので前もって話す内容や聞きたいことを考えておきましょう。

5. 部活・サークル

新しい環境で友人を作る方法その5はなんでもいいので部活やサークルに参加することです。

理由

部活やサークルに参加している人は一緒に何かをする関係なので絶対に誰かと話すことになります。

そして同じやりたいこと同士で集まっているので共通の話題で話すこともでき、とても盛り上がることができます。

また部活やサークルというのは仲間と一緒にいる時間も多いのでお互いに気を抜ける友人になることができるからです。

注意点

やりたい部活に入るのはいいと思いますが休みが少ない部活だとバイトやクラスメイトなどと遊ぶ時間が減ってしまうので緩い部活に入ることをおすすめします。

最後に

ここまでこの記事を読んでいただきありがとうございます。

新しい環境での友人作りの参考になりましたか?

結局のところ自分で行動を起こさないと友人は絶対にできません。

なのでこの記事を読んでからでも遅くないので少しでも行動に移してみてください。

必ずいい友人ができるはずです。

この記事を読んでアドバイスや感想がある方はTwitterのリプやDMまでお願いします。

コメント