寝る前にやってはいけないこと5選 / 私流の深い眠りに入る3つの手順

スポンサーリンク
体験

「最近、夜寝るのが遅くて朝起きれないんだよね」という方の為に、今回は寝る前に絶対にやってはいけない5つのことと私が深い眠りにつくためにやっている3つの手順について紹介していこうと思います。

この記事を読めば、あなたも深い眠りに簡単に入る方法を知ることができるので是非最後まで読んでみてください!!

寝る前にやってはいけないこと

1. スマホ

私が寝る前に絶対にやらないこと1つ目は「スマホをいじること」です。

脳というのは光が当たると一種の興奮状態になるように設計されているので人間は昼は起きて、夜は眠くなるようになっています。

しかし、スマホから発せられるブルーライトという光はかなり強いので脳が昼間だと勘違いしてしまい、脳が興奮状態になるので眠気から遠のいてしまいます。

なので、寝ようと思う1時間前くらいからスマホをいじるのはやめるようにして、どうしても使いたい場合は画面を暗くして使うようにしましょう。

2. 運動

私が寝る前に絶対にやらないこと2つ目は「過度な運動をすること」です。

「運動をすれば疲れて眠くなるとじゃん」思う方がいるかもしれません。

しかし、その睡眠は深い眠りではなく浅い眠りなので、昼間はともかく夜の睡眠には向いていません。

そして、運動をした後というのは体温が上昇してしまい体が興奮状態になっているのでこれもまた睡眠から遠のいてしまいます。

一度上がった体温が元の体温に戻るまでに4時間くらいかかるので、寝る4時間前はあまり過度な運動をはしないようにしましょう。

3. 考え事

私が寝る前に絶対にやらないこと3つ目は「何か考え事をする」です。

寝る前というのは基本的に暗くて、一人で横になっているものす。

そのような空間で何か考え事をしていると、なんでもネガティブなことばかり考えてしまいませんか?

ここでのネガティブな考えというのは「私には無理だ…」や「どうせ私なんか…」という考えのことです。

このようなネガティブな考えをしてしまうと脳が過剰に反応して覚醒してしまい、睡眠から遠のいてしまいます。

なので難しいかもしれませんが、頭の中を真っ白にするか何も考えないようにして横になるようにしましょう。

4. 食事

私が寝る前に絶対にやらないこと4つ目は「食事をとること」です。

「食事をとるとお腹いっぱいになって眠くなる」と思うかもしれませんが、それは深い眠りではなく浅い眠りなので夜の睡眠には適しません。

なぜ、浅い眠りになってしまうかというと食べ物を消化しようと胃腸が活発に動いてしまい、脳が休まることがないので浅い眠りになってしまいます。

なので食べ物の消化が落ち着くのに3時間くらいかかるというので、寝ようと決めている3時間前に食事を済ませておくようにしましょう。

5. 昼寝

私が寝る前に絶対にやらないこと5つ目は「昼寝を取りすぎること」です。

なぜか昼間になると眠気が襲ってきますよね?

この昼間になると襲ってくる眠気には様々な憶測がありますが、明確な理由というのはまだ解明されていません。

そして、一度昼に仮眠を取った方が作業効率が上がるといわれてるので昼寝をすること自体は悪くありません。

しかし、この昼寝を長く取りすぎてしまうと、夜の眠くなる時間が遅くなってしまい生活習慣が崩れて、全体を見たときに寝ることができなくなってしまうので、昼寝の取り過ぎには注意しましょう。

私流の深い眠りに入る手順

1. 本を読む

私が深い眠りに入るための最初の手順は「本を読むこと」です。

私の場合は漫画やラノベ、ブログについての本などジャンルはバラバラですが、寝る前は必ず本を読むようにしています。

また、本を読む環境は明るすぎるとよくないと思い、本だけが明るくなるようなスタンドライトを使っています。

本を読むことで精神状態を落ち着かせて、リラックスした状態で横なり、すぐに眠ることができます。

また、本でなくてもスマホやパソコンなどの機械以外で、自分がリラックスできることならなんでもいいとです。

2. 整った呼吸

私が深い眠りに入るための次の手順は「整った呼吸を意識すること」です。

ここでは先ほどの手順でリラックスした後、整った呼吸を意識して横になります。

ここでの整った呼吸というのは「4-7-8呼吸法」というヨガの呼吸法です。

  1. 最初に息をすべて吐き出します
  2. 次に鼻から息4秒間かけて吸います
  3. 次にそのまま息を止めて7秒数えます
  4. 最後に8秒間かけて息を吐きだします

この方法をすることで私はかなり早く自分に眠気を誘うことができるようになりました。

3. 目を瞑る

私が深い眠りに入る最後の手順は「とりあえず目を瞑ってみること」です。

先ほどの手順でやっていた呼吸法をしながら、とりあえず何も考えずに目を瞑るのです。

気づくと朝になています。

最後に

ここまでこの記事を読んでいただきありがとうございました。

眠りに対しての参考になりましたか?

私がこの記事に書いていることをやるまでは深夜の3時まで起きてしまい学校にまで遅刻する日が多くありました。

しかし、この記事に書いていることをしてからは夜の11時には寝れるようになったので是非試してみてください。

記事を読んでアドバイスや感想がある方はTwitterのリプやDMまでお願いします。

コメント