友人との会話を続ける秘訣!私が意識してる4つのテクニック

スポンサーリンク
体験

友人との会話が続かないと悩んでいませんか?

私も中学までは友人との会話がまったく続きませんでしたが、

あることを意識してから友人との会話を長く続けることができるようになりました。

今回はそんな私が意識している会話を続けるためのテクニックを4つ紹介していきます。

この記事を読めば必ず会話を続けることができるので、是非最後まで読んでみてください!!

はいといいえ

話を続ける方法その1は「はいといいえのような一言で終わるような質問はしないこと」です。

悪い例

ラーメン好き?

はい。好きです。

 

そうか…。

 

人との会話というのはアンケートなどではないのでなるべく次に繋げやすい質問をするようにしましょう。

良い例

何ラーメンが好きなの?

醤油ラーメンかな~

俺も醤油ラーメン好き何度よね!

あそこの醤油ラーメンとかおいしいよ!!

このようにはいやいいえ以外の解答が返ってくるような質問をすれば次に繋がりやすくなり、そこからどんどん話が発展していき、長い時間、話を続けることができます。

注意点

無理に話を続けると話の内容が薄くなってしまい、つまらなくてただ長い話になってしまうのでこれ以上話が発展しないと思ったら無理に繋げようとせず別の質問をしてみましょう。

会話の掘り下げ

話を続ける方法その2は「会話を掘り下げていくこと」です。

相手と会話をしている時にその会話の中の何か気になることもう少し詳しく聞きたいことを相手に質問してみるのです。

そうすれば無限に話のネタが出てきて長い時間、会話を続けることができます。

また、この方法は他にもメリットが2つあります。

1つ目は相手からしたらちゃんと話を聞いてくれている人だと思われることです。

そして、2つ目は自分が話している相手について知ることができ、その人についての理解を深めることができます。

この2つのメリットは両方とも良好な友人関係を築くには必要なことなので今日紹介する話を続ける方法の中で一番おすすの方法です。

注意点

会話を掘り下げるにはしっかり相手の話している内容を聞いていないとダメなので、普段適当に聞き流している人の場合は少し難しいかもしれません。

リアクション

話を続ける方法その3は「しっかりリアクションをすること」です。

会話をしていてノーリアクションだと「この人話きいているのかな?」と思われてしまいますし、何より相手側もリアクションがある方が会話をしていて楽しいと思います。

自分でも想像してみてください、会話をしていてずっと無表情の人会話をしていて笑ってくれたり驚いたりしてくれる人どちらと会話をしていて楽しいですか?

圧倒的に後者ですよね。

そして、話していて楽しい相手には自然と話したいことも増えてくるハズなので長い時間、会話をすることができるようになります。

注意点

オーバーリアクションだとウザく見えてしまうので、なるべく話に見合ったリアクションをするようにしましょう。

近況報告

話を続ける方法その4は「相手や自分の近況報告をしてみること」です。

全く話すことがなかったり、聞きたい質問がなかった時の最終手段です。

例1

最近どうよ?

最近さ、〇〇があってさ~

というように続けることができます。

例2

最近、〇〇ってことがあってさ~

へぇ~、そうなんだ。

という自分から近況を話して、会話を発展させることができます。

このように近況報告することで全く会話のネタがない場合でも、必ず会話を成立することができます

そして、近況報告というのは一週間経つとまた新しい近況報告ができるのでネタがなくならないというメリットがあります。

注意点

この近況報告というのはお互いに友人関係が深くないといけないので、仲良くなったばかりの人には「いきなりなんだよ。」と思われてしまうのできをつけましょう。

最後に

ここまでこの記事を読んでいただきありがとうございました。

友人との会話を続かせるための参考になりましたか?

私はこの記事を書いていて、もっと早くこのことを意識していれば仲いい友人を増やせたと思い、後悔してしまいました。

記事を読んでアドバイスや感想がある方はTwitterのリプやDMまでお願いします。

コメント