ため込んだストレスを簡単に発散する方法6選でストレス0の生活へ!

スポンサーリンク
体験

現在の社会は便利で快適な生活を送れていますが、激しくなる競争や社会からの管理によって生まれるストレスの多さからストレス社会と言われています。

今回はストレスをため込んでしまう方のためにそのストレスの発散方法を6つ紹介していきます。

この記事を読めば様々なストレス発散の方法を知ることができるので是非最後まで読んでみてください!!

運動をする

春は体を動かそう!花粉に負けずに運動するためのポイント(tenki.jpサプリ 2020年02月29日) - 日本気象協会 tenki.jp

私がストレスを発散するためにしていること1つ目は運動をすることです。

なぜなら運動をすることで、心を安定化させる物質であるセロトニンエンドルフィンストレスというホルモンが分泌されるからです。

特にセロトニンは精神安定剤と近い分子構造をしていることから、ストレス発散の効果があることがわかります。

そして、これは少しの運動でも分泌されるので朝にランニングしたり、家で筋トレするくらいでもストレス発散でき、さらに最近はコロナの影響で出かけることが減り、運動不足な学生が多いと思うので運動不足解消にも繋がります。

私の場合は定期的に友人とフットサルをしたり、朝と夜に筋トレをすることでストレス発散しています。

カラオケに行く

ゴールデンウィーク、おじさんと一緒に行ったカラオケで空気を読んで歌うべき5曲 | CHINTAI情報局

私がストレスを発散するためにしていること2つ目はカラオケに行くことです。

なぜならカラオケに行くことで、周りを気にすることなく声を出すことができるからです。

また、カラオケというのは完全防音なので普段抑制している感情や思っていることを思いっきり吐き出すことができるので純粋に気分転換にもなります。

私の場合は、ストレス解消するために昔は枕に向かって小さい声で叫んでいましたが、高校生になってバイトを始めてからそのバイト代で一人カラオケに行き、おもいっきり声を出したらとてもストレス発散できたことを今でも覚えています。

愚痴を言う

目標を達成するには「SNS」を活用しよう | ライフハッカー[日本版]

私がストレスを発散するためにしていること3つ目は愚痴を言うことです。

なぜなら愚痴を言うことで、心にため込んでいることを表に吐き出すことができるからです。

そもそもストレスというのは多くの場合、自分が何か我慢したときに発生します。

なので信頼できる友人やSNSに愚痴を言うことで我慢していることを吐き出すのです。

しかし、愚痴を言うことで逆にストレスになるという方もいるかもしれませんが、私はむしろ誰かに言ったり、SNSで書き込まないとストレスになるのでやっています。

ストレス解消グッズを使う

Amazon.co.jp: fidget cube ストレス解消グッズ キューブ スイッチ ボタン ハンドル プチプチ 歯車 おもちゃ PVC 大人 子ども 6つのストレス解消機能 (六面 fidget cube, ブラック+レッド): おもちゃ

私がストレスを発散するためにしていること4つ目はストレス解消グッズを使うことです。

なぜならストレス解消グッズというのは人間のストレスを解消させるために設計されたグッズなので必ずあなたのストレス発散に力を貸してくれるハズだからです。

また、ストレスというのは何かに当たることでも発散されます。

思い出してみてください。怒って物に当たったり、イライラして壁を殴ったりしたことありますよね?

このことから人間は物に当たるということを本能的にやっているので必ずストレス発散になると思います。

私の場合は、家に父のサンドバックがあったのでストレスがたまっている時やイライラしている時はこのサンドバックをよく蹴っていました。

食べる

野菜を先に食べると太らない」は本当か WEDGE Infinity(ウェッジ)

私がストレスを発散するためにしていること5つ目は食べることです。

ここでの食べるという行為は、ただやけ食いするのではなくストレス発散に必要な栄養素をとるということです。

なぜなら食べ物から得られる栄養素にはストレスに対抗するホルモンを分泌するための栄養が入っているからです。

特にビタミンCはストレスに対抗するホルモンを生み出すのに必要不可欠な栄養素なので、ストレスがたまっている時はビタミンCをとることをおすすめします。

私の場合は朝筋トレをする前に毎日ビタミンが多く含まれているサプリを飲んでいます。

睡眠をとる

イーロン・マスクは「ロングスリーパー」経営者に学ぶ理想の睡眠時間とは? | J.Score Style - 人生の選択肢を広げるFinTechメディア

私がストレスを発散するためにしていること6つ目は睡眠をとることです。

なぜなら睡眠を十分にとっていない場合、脳の機能が低下してしまいストレスに弱くなってしまうからです。

また、睡眠をしっかりとらないと昼間に眠くなってしまい、夜寝たいときに目が冴えてしまい寝れないというストレス増加に繋がってしまいます。

また、ストレス発散以外にも健康的な生活を送るためには睡眠は必要不可欠なのでストレスがたまっていなくても睡眠はしっかりとるようにしましょう。

私の場合は以前記事にした深い眠りに入る手順のおかげで睡眠を十分にとることができています。

最後に

ここまでこの記事を読んでいただきありがとうございました!

ストレス発散方法について理解を深めることはできましたか?

私はこの記事を書いていて、ストレス発散にはストレスに対抗するホルモンが重要なんだと改めて理解することができました。

記事を読んでアドバイスや感想がある方はTwitterのリプやDMまでお願いします。

コメント