【2020年】現行販売されているホンダのおすすめ250ccのバイク

スポンサーリンク

今回は現行販売されているホンダのおすすめ250㏄のバイクを4台紹介していきます。

250ccは車検がないので手軽に乗れるバイクで様々な種類があり選ぶのが大変だと思いますが、この記事を読めば中型免許で何を買うか迷っている方に少しは参考になると思います。

またバイクの免許をもっていない人やバイクに興味を持っていない人でもバイクがどのようなものか少しはわかると思うので読んでいってください。

CBR250RR

基本情報

メーカ小売り価格:803,000円

燃費:40.1 km/L(60 km/h 走行時)

シート高:790 mm

車両重量:167 kg

冷却方式:水冷

気筒数:2気筒

基本的にライト類がLEDを使われており、

メーターは高性能なデジタルメーターです。このメーターにはギアポジションや時計、燃料系、ライディングモードを確認することができます。

おすすめ理由

とにかく見た目がかっこよく、とても高性能なバイクで街乗りやツーリングに使うならコスパ最強のフルカウルバイクです。

燃費もそこそこいいのでガソリン代などが安く抑えられ、シート高もそこまで高い方ではないので足つきもよく車体も軽いので取り回しが楽です。

また低速発進からのトルクが強いのでスタートダッシュがとても速いです。

250㏄のバイクでスピードを求めるのであれば間違いなくこのバイクをおすすめします。

CB250R

基本情報

メーカ小売り価格:564,300円

燃費:44.5 km/L(60 km/h 走行時)

シート高:795 mm

車両重量:144 kg

冷却方式:水冷

気筒数:1気筒

多様な機能がありフルデジタル表示の液晶メーターで、シフトアップインジケーターやピークホールド機能などツーリングを楽しめる機能がそろっています。

ヘッドライトも丸形でLEDライトなのでモダンな見た目で最新のライトが使われています。

ハンドルは路面情報をダイレクトに運転手に伝えることができるテーパーハンドルが使われています。

おすすめ理由

走行性能が高く、エンジンと車体のバランスが良いいので街乗りから、峠まで様々な場面で楽しむことができます。

そしてどこかカフェレーサーのような見た目をしておりカラーリングもマッドな感じで渋くてかっこいいです。

とにかく軽いのでブレーキのコントロールがやりやすいと思います。

あまり力がない方にもおすすめできるバイクです。

CBF250L

基本情報

メーカ小売り価格:507,100円

燃費:44.3 km/L(60 km/h 走行時)

シート高:830 mm

車両重量:143 kg

冷却方式:水冷

気筒数:1気筒

メーターもデジタルメーターでエンジン回転数をバーグラフで表示したり、時計や速度計、燃料計、走行距離など様々な機能がついています。

オフロードバイクのためエンジンの下部を石や泥から守るためスキッドプレートが装備されています。

おすすめ理由

エンジンがCBR250Rをベースに作られているのでとても扱いやすく林道などのオフロード以外に街乗りも十分楽しむことができます。

足つきはシート高が高い方なので悪いかもしれませんが車両重量が軽いので取り回しが楽かもしれません。

250㏄のバイクですが値段がそこまで高くないので新車で250㏄バイクをを買いたい方におすすめです。

レブル250

基本情報

メーカ小売り価格:559,500円

燃費:46.5 km/L(60 km/h 走行時)

シート高:690 mm

車両重量:170 kg

冷却方式:水冷

気筒数:1気筒

ライトが4眼インナーレンズ式LEDヘッドライトで今までにない特徴的なライトでありとても個性的です。

メーターも小型反転メーターで操作状況がわかりやすく表示されます。

おすすめ理由

2019年250㏄で最も売れたバイクで現在、数少ない現行販売されているアメリカンバイクです。

アメリカンのような見た目なのでのんびり景色を楽しむようなバイクかと思いきやスポーティーな走りもすることができる万能なバイクです。

そして250㏄のバイクの中では大きい方ですがシート高がとても低いので小柄な方や女性の方でも乗りやすいのでおすすめです。

最後に

この「現行販売されているホンダのおすすめ250ccのバイク」という記事をここまで読んでいただきありがとうございます。

この記事を読んで少しでもバイクに興味を持ったり、乗りたいバイクを選ぶ参考になったらうれしいです。

 

コメント