【2020年】カワサキで現行販売されているおすすめ250㏄バイク4選

スポンサーリンク
バイク

バイクは様々なメーカーが様々な種類のバイクを販売しています。

バイクの種類が多すぎてどのメーカーがどんなバイクを販売しているのわからないと思います。

なので今回はカワサキの2020年に現行販売されている250㏄バイクという細かく条件を指定して、その中でおすすめのバイクを紹介していこうと思います。

250㏄バイク4選

中型バイクは16歳から免許を取得することができ高校生から乗ることができるバイクで、250㏄クラスとなれば車検もいらないので維持費がかなり安く抑えられます。

車体価格も新車だと少し高いかもしれませんがバイトをすれば何とか購入できるバイクばかりです。

カワサキの250㏄クラスのバイクはどれもかっこよくてよいバイクなのですが、その中でも特におすすめのバイクを4台、紹介していこうと思います。

Ninjya ZX-25R

基本情報

メーカ小売り価格:825,000円

燃費:24.0 km/L(60 km/h、2名乗車時)

シート高: 785 mm

車両重量: 183 kg

冷却方式:水冷

気筒数:4気筒

ライダーサポートシステムとしてKTRC(カワサキ・トラクションコントロール・システム)が搭載されているので発進時や加速時のタイヤの空転を防ぎ、雨天などの悪路走行時でも安定した運転をすることができます。

足回りには250㏄クラスでは初となるSFF-BPフロントサスペンションホリゾンタルバックリンクリアサスペンション150/60R17のハイグリップラジアルタイヤ「GPR300」を採用したリアタイヤが装備されているので優れたコーナリングの走行ができます。

おすすめ理由

カワサキの250㏄クラスで現行販売されている唯一の並列4気筒エンジンを搭載したスポーツバイクです。

昔はカワサキも250㏄クラスで4気筒のエンジンのバイクを出していたのですがここ25年以上は現行販売されていませんでした。

しかし今回、満を持して発売されたのがこのZX-25Rなのです。

サーキットでの走行から街乗りまで快適性を併せ持ったバイクです。

あととにかく見た目がかっこいいです。

Ninjya ZXシリーズの名にふさわしいバイクだと私は思います。

250㏄で速さを求める方におすすめします。

Z250

基本情報

メーカ小売り価格:610,500 円

燃費:37.0 km/L(60 km/h、2名乗車時)

シート高:795 mm

車両重量: 164 kg

冷却方式:水冷

気筒数:2気筒

エンジンにアシストアンドスリッパークラッチを組み込んでいて、コーナリング進入時などに発生するバックトルクを最適化しブレーキングとライン取りに集中することができます。

ヘッドライトにはLEDを採用していて夜間での視認性を向上させ、退行車に存在感を示すことができ、安全性能が飛躍的に高くなっています。

おすすめ理由

カワサキで250㏄クラスで軽さと力強さを併せ持ち、Zの名を受け継いだストリートファイターバイクです。

高出力で操作性に優れたパラレルツインエンジンがすべての回転域で良好なパワーを発揮します。

優れた安定性と自然なハンドリングで扱いやすく取り回しがしやすいです。

さらにZ250はZシリーズで共通な「sugomi」デザイン要素がありカワサキのバイクとすぐに認識できるデザインです。

街中をそこそこ走れて、たまに高速に乗って遠くに行きたい方におすすめです。

VERSYS-X 250 TOURER

基本情報

メーカ小売り価格:704,000 円

燃費:30.0 km/L(60 km/h、2名乗車時)

シート高:815 mm

車両重量:183 kg

冷却方式:水冷

気筒数:2気筒

エンジンはチューニングを施すことでスムーズなパワー特性と獲得し、低中回転域ではリニアなレスポンスを発揮、高回転域ではスムーズに吹き上がる力強い加速ができる。

ロングストロークフロントサスペンションは長いストローク量を確保することで路面からのフィードバックをライダーへ的確に伝達し、リンク式のリヤサスペンションは軽量な車体と合わせることで様々な路面状況でも高い安定性がある。

おすすめ理由

オフロードバイクをベースとし、高い走行性能を持つアドベンチャーバイクです。

未舗装道路での走破性の高さからライダーに刺激的な走る悦びを与え、様々な路面状況でも安定した走りをします。

さらに幅広いシートが長距離ツーリングを快適にします。

パニアケースやエンジンガード等のアクセサリーを多数標準装備されているので多くの荷物を載せることができます。

バイクでの旅行やキャンプツーリングなどをしたい方におすすめのバイクです。

KLX230

基本情報

メーカ小売り価格:495,000円

燃費:38.0 km/L(60 km/h、2名乗車時)

シート高:885 mm

車両重量:134 kg

冷却方式:空冷

気筒数:単気筒

新設計された単気筒エンジンはオフロードライディングに十分なパワーを与え、トルクを重視したボア×ストロークに設計することで、低中回転域で豊かなトルクを発生させて車体を力強く前にすすめる。

カワサキのバイクで初のデュアルパーパスABSを搭載しているのでオンロードとオフロードどちらの路面でも安全に停止できるように制御されているのでライダーが安心して乗れるようになっている。

おすすめ理由

誰でもオフロードライディングを楽しめるようにエンジンとフレームを一から新設計されたオフロードバイクです。

KLXシリーズで培った技術をと人間工学に基づきバイクのコントロール性が高いスリムさやアグレッシブなデザインをしていて、前後共にストロークに余裕のあるサスペンションを使用していて走破性もかなり良好です。

オフロードを速い速度で走りたい方におすすめのバイクですです。

最後に

ここまでこの記事を読んでいただきありがとうございました。

今回はカワサキの250㏄クラスのバイクの紹介でしたが、どうでしたか?

中型免許を取りたての人や250㏄のバイクの購入を考えている方の参考になればと思い書いてみましたが、やはりこの記事を書いていると、どのバイクを魅力的で欲しくなってきちゃいました。

この記事を読んでアドバイスや感想があった方はTwitterのリプを送ってください。

また何かアドバイスがある方はDMまでお願いします。

コメント