【ゲーム紹介】国民的RPGゲーム ドラクエ1をプレイして損はしない!

スポンサーリンク

今回は私が好きなゲームシリーズで世代が全くあっていないドラゴンクエストシリーズの第一作目「ドラゴンクエスト1」の紹介をやっていきたいと思います。

ドラクエの他のシリーズをやったことあるけどドラクエ1をやったことがない人もこの記事を読めばどのようなゲームだったのか知ることができると思います。

ドラゴンクエスト1

基礎知識

ドラゴンクエストシリーズは今や知らない人がほとんどいない国民的RPGの一つです。

そのドラゴンクエストシリーズの第一作目となるのが今回紹介していく「ドラゴンクエスト1」です。

発売日は1986年の5月27日にエニックスから発売されたファミコン用のロールプレイングゲーム(RPG)でチュンソフトで開発され当時の販売価格は5500円です。

ゲームデザインは堀井雄二でキャラクターやモンスターのデザインは「ドラゴンボール」の作者で知られる鳥山明が担当していました。

ついでにドラゴンクエスト1は「アレフガルド」という架空の世界が舞台となっています。

あらすじ・ストーリー

昔、アレフガルドは魔王によって世界は闇に閉ざされていた。

しかし、伝説の勇者ロトが魔王を倒し、神から譲り受けた光の玉を使うことによって魔物たちも封印することができた。

その後、光の玉はラルス1世が預かりアレフガルドに平和の日々が続いた。

しかしラルス16世の時代どこからともなく現れた竜王によって光の玉を奪われ、竜王の手下によってローラ姫がさらわれ、再び魔物たちが世界中に出現するのであった。

平和を取り戻そうと竜王に挑む者もいたがかえってくるものはいなかった。

そんな中予言者が「この地のどこかにロトの血を引く勇者が現れ、竜王を滅ぼすであろう」と予言した。

その後本当にロトの血を引く勇者(プレイヤー)が現れ、アレフガルドを救う旅に出て行ったのであった。

ロトシリーズの時系列

ロトシリーズとは勇者ロトとその子孫たちが出てくる話です。

ロトシリーズ時系列順

  1. ドラゴンクエスト11
  2.  ドラゴンクエスト3
  3.  ドラゴンクエスト1
  4.  ドラゴンクエスト2

見てわかるように発売されたのはドラクエ1が最初ですが時系列順にすると三番目になります。

少しややこしいかもしれないですがこの時系列はドラクエをやっていくときにいろいろとストーリーに繋がってくるのでさらにドラクエが楽しくなる要素の一つでもあるので覚えておくといいかもしれません。

登場人物

勇者(主人公)

伝説の勇者ロトの子孫。ただの子孫ではなくロトの生まれ変わりでもあるらしいです。両親などは一切不明でロトの子孫ということ以外の出自は不明です。竜王を倒し世界が平和になった後も海の向こうへ渡るべく旅立ってしまいます。ドラゴンクエストの主人公で唯一1人で旅をした主人公です。

名言「いいえ。 わらしの おさめる くにが あるなら それは わたし じしんで さがしたいのです。」

ローラ姫

ラルス16世の娘で王女。竜王の手下によってさらわれており、沼地の洞窟に閉じ込められていましたが主人公によって助けだされます。主人公によってアレフガルドが平和になったあとは海の向こうへ旅立とうとする勇者に同行し、共に旅立ってしまいます。

名言「ゆうべは おたのしみでしたね。」

竜王

ドラゴンクエスト1のラスボス。竜族の王であり、魔物たちを使い世界征服をしようとしていました。光の玉を盗んでアレフガルドを恐怖のどん底に突き落とし、自分の妻として迎え入れようと手下にローラ姫をさらわせ沼地の洞窟に閉じ込めました。第一形態は竜の頭の形をした杖を持ち紫のローブを着た魔法使いのような姿をしている。第二形態は竜族の王らしく巨大な紫色のドラゴンになります。

名言「もし わしの みかたになれば せかいの はんぶんを ◯◯◯◯に やろう」

感想

最初は高校生の冬にノロウイルスにかかってしまい暇つぶしでドラクエ1をプレイし始めましたが、普段やっているゲームとのグラフィックの差に驚きましたがプレイしていくとそんなに気にしなくなってきて、むしろドット絵の方が情報量が少なくゲームに集中することができました。

ストーリーも単純であり敵モンスターも一体ずつしかでないのでスラスラ進めることができ腹を痛めながら8時間程度でクリアできました。

最後に

この記事をここまで読んでいただきありがとうございます。

国民的RPGゲームであるドラゴンクエストの第1作目で今のゲームと違いシンプルなので難しいこと考えずにプレイできます。

今ではPS4やスマホなどで気軽にできるようになっているのでもしこの記事を読んで気になったらぜひそんなに高くないのでプレイしてみてください。

コメント